ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< October 2021 >>
SA MO TU WE TH FR SA
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(56)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

菅政権、政界の一部で噂があるとも聞くウルトラCは実在するか?

2021年08月24日

ウルトラCって(体操F難度もある現代)どんな意味って話かもしれませんが、、
政界の一部に続投を狙う菅首相が、プレスリリース他政策発信などの難点を回復するため(言えば官邸に説明上手がいないってこと)密かに手を考えているという噂があります。

何の話でしょうね
(流石に東京都知事橋下徹氏擁立の噂では無いと思うんですが、、、IRの腰が折れたため)

昨今二階幹事長の失点で(ウイグル非難決議)、この責任を菅政権を追及する形でとばっちり的に保守陣営から追い込まれる形になってしまい、小池知事絡みのブラフに対抗するため高市早苗氏擁立の動きまで見えてますが(これは小池二階ラインの噂に対する火消しでしょう)、
「わかりやすい指導力の発揮」が行われるのであれば、自然に菅首相続投になるでしょうから、
何か目立つことぶち上げないと意味がありません。
●官邸は現在のCOVID19の”波”がどの程度で収束するのか計算済みだと思われますから(多分既にピークは打ったでしょう)、鎮静化が見られるタイミングを見計らって何かの発表があると思います。
<携帯料金値下げ時のようなインパクトを予定しているの意と思いますが、、>
・それは補正予算を前に給付金などの大型政策か
・西村大臣の更迭か(といっても誰を起用するって、、ここに『橋下徹氏』か?)
・噂されていたシオノギ製薬ワクチンと治療薬の同時発表か
・COVID19感染症5類へ降格の宣言か、

デルタ株による現状を政府の責任にしてゴリ押しの批判を続けるマスメディアが
「どうしても報道せざるを得ないネタ」でなければなりません。
(個人的にはピークを打っており無視でもいいと思うんですが、、、むしろ逆に政策に関連付けて説明するのかな?)
いずれにしても、
「何かやるらしい」とのことなので期待して待ちたいと思いますが、
まさかの(打つ手無く)退陣に追い込まれるのか、、ギリギリのとこみたいですよ。

(高市早苗氏については《私も以前から期待してる人材ですが》、今回の動きで十分名を上げたので《首相候補本命で温存すべきでは?》、推薦人次第でしょうね、、、菅首相再選の場合にも今回の事から有力閣僚《外相など》に指名される確率高くなったと思います。)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 17:51 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする