ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< September 2021 >>
SA MO TU WE TH FR SA
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(56)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

石破氏に危険なラブコール(自民総裁戦)

2021年09月06日

<いきなりですが、末尾追記>

暫く更新無理かも言っておきながら、
あまりにも面白い話が報じられましたから我慢できずに更新ですww

自民・二階氏側 石破氏に“推薦人出してもいい”(2021年9月5日)
https://youtu.be/122sHNUD1x0

一番笑ったのは、「石破派議員には河野氏を支持する動きもあり」ってことろかな、
はい、そういう経緯で20人の推薦人集めに苦慮してりる石破氏に、
二階さんが「名簿の議員貸そうか」と打診したって報道ですが、

政治オタクな人は全員ピンときたと思います

ハイ、二階さんの発言意図は
「君は落選上のウチの派閥議員ひきつれて離党し(総裁選で敗戦後に”これでは日本を救え無い”とか記者会見してさ)、緑のタヌキ新党(小池新党)に参加しないか?」って意味です、
・小池知事が豊洲で騒いでた時協力関係にあったのは?(共産党)
・先日、二階氏、小池氏、と新進党同窓会に出席したのは?(小沢氏)
・二階氏が菅原一秀氏の議員辞職後同選挙区で後継候補を決めてないのは?(小池知事が立候補できるように空けてある)
・現在自民党の世論調査(大規模調査で非常に正確と知られる)現在ほぼ落選のD判定の議員とは?(二階派議員の多数→この動揺が菅氏の立候補断念の理由と言ってもいいでしょ)

●応用問題です、上記からわかることが、
「君はと落選上のウチの派閥議員ひきつれて離党し(総裁選で敗戦後に”これでは日本を救え無い”とか記者会見してさ)、緑のタヌキ新党(小池新党)に参加しないか?」←コレだと

で、石破氏は(その意味が速攻わかったので)
そ、それはヤバいと、、
「持ち帰って考えさせてください」と、返事に窮したって話です。

(自民党の事前世論調査だと、最悪自公でも過半数取れない可能性があると報告されている)
「小池新党で、野党連立政権の首相って可能性もある」よと(二階氏曰く”小沢さんが太鼓判推してる”)、
この誘いに乗れる度胸があるのかって話ですが、、、
少なくとも、石破派の議員達は誰もついてこないでしょう。
というか、「小池知事が裏切って国政復帰せず」だと思うんですが、、

<追記>
自民党の世論調査がそういうワケだったので、安倍さんにとっては菅政権のまま解散でもよかったんです。
何故って、めんどくさい二階派が壊滅し、自公で過半数割れ起こして菅ちゃんルートで維新と連立すれば、
(自公で3分の2取っても憲法改正できなかったんですから)
公明党の発言力が低下するからです(仮に連立離脱の脅しがあれば国民民主を呼べばいい)
その代わりに、大負けした責任を菅首相が負う事になりますが(菅氏はその腹あった)、
戦略として”無い話ではなかった”
二階氏が菅首相との会談で「(早期解散作戦の話で)お前と一緒に沈むとかネーからな」と言った言わないとかって噂ありますが、二階氏にはその思惑がわかったって事なんでしょう。
なので必死に二階氏は早期解散作戦を(リークし)潰しにかかった(当落線上の議員が大騒ぎ)
菅氏の正面突破作戦はその意味を失い、立候補断念に至った。
「だったら(私が出ない以上)河野太郎が出ますからよろしく」
(安倍ちゃんは「そう見せかけてからの高市逆転作戦」へ)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 02:54 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする