ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< October 2021 >>
SA MO TU WE TH FR SA
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(56)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

ほら来たとは言いませんが(河野氏擁護ではありませんからね)

2021年09月28日

私が総裁選前に河野太郎首相待望論であった関係で、誤解される向きもあると思いますがまさか高市候補が登場するとは思っておりませんでしたので、現在は高市首相待望論です。
(※また河野氏は現在でも自民党リベラル派として”アリ”の幅にある有力候補である判断にも違いありません。単純に安倍政権下の外務防衛大臣としての実績と政策への知見からです《石破氏とは違うの意》。)

保守派からの批判に答える動画を公開している河野氏
【河野太郎】河野太郎がご批判に正面から答えます(自民党チャンネル 総裁選CafeSta アーカイブ)
https://youtu.be/jCxRV-t_wXI
 ↑
何を言っているのかはあまり大事ではありませんので(笑
動画自体は貼りませんが、興味のある方は上記リンクからyoutube飛んでください。
(どうせならミサイル防衛の件も答えるべきだな)
河野氏語っているように誹謗中傷でなければネットメディアが何を言うおが批判の根拠があればそれは批判であって中傷ではありません。
そして大臣からして「それにこたえる動画」を総裁選アピール動画として公開しているでしょ
(内容はともかく)
批判する保守系メディアを左翼の陰謀論みたいな謎批判するのには強い違和感がある。
(あっち方面のデュープス化しているのお気づきでは無いのかなと)
小さい世界の話なので、それはそれどうでもいいですけどね。


■保守派のみなさんに言いたいのは
自民党に限らず日本の国政に何を期待してるのってことで、
まー各種陰謀論に限らず、私の実家の北海道などは(補助金命で)すごく革新系が強いんですよ、経団連が親中なのも事実で、利権ということなら旧田中派と中国など言うに及ばずでしょ。
そんな田中派が日本の政界を長く牛耳っていた時代もあって、
小泉首相みたいなトリックスターの角福戦争復讐劇があったから動いたものもあります。
(今やその人がどうなっちゃってんの状態ですが)

実際自民党内保守派は議員の2割とも言われる中(二世議員から元官僚からコネ系も多数)
「できることとできないことがあるでしょ」←民主主義なのでこれも民意です。
(※しかも安倍政権による選挙で保守派も増えて”今その数”なんだと思いますよ)
今回高市候補が議員票どれだけ取るのか?(自民がどこまで変わったのか)注目される理由です。


私は数年前に虎ノ門ニュースで見た時から高石早苗氏いいじゃないと思っていましたけど、派閥に所属もしておらず「その目があってもまだまだずっと先の話(”あったらいいな”水準)」かと思っていました。
河野太郎氏についても(泡沫候補として有名だった人ですよ?)本命候補になるのは10年かかると思っていました。
話出るにしても、茂木氏や加藤官房長官の後だろうと、

●それがどうですか、トンデモのハイスピードで自民党が動き始めてます
(これも米中関係含めて、政治家のみなさんの”勘”なんだと思うんですよ)
「何かしらないけど、これはヤバい」感あるのだろうと、

河野太郎氏の立候補も、二階氏最後の一手も、
これに激怒する保守系メディアも、存在感薄く歯切れの悪いオールドメディアも、
戦闘モードになる安倍ちゃんも、意図のわからない野党の演説も、
その全体が、今の日本の政治のダイナミズムを表してます、
個人的には「悪くないどころか、これは面白くなってきたとかなり喜んでます」
(日本の未来は明るい)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 17:49 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする