ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< October 2021 >>
SA MO TU WE TH FR SA
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(56)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

中国経済のバブル崩壊シナリオ

2021年10月07日

<10.7末尾に追記>

以前にも話しましたが、中国の富裕層は9割近くが不動産投資を行っており(しかも借金して)相場全体が10パーシュリンクしても金利が支払えなくなると言う噂もあるなか、
例の恒大集団の投げ売り(20%以上)あった時に、共産党は一時不動産の値下げ販売を禁止したんだったかな、その後恒大の詐欺まがいの理財商品(不動産債権利回り10パーみたいなトンデモ)販売に手を出した理由はキャッシュ不足に他ならず(現在これほとんど返済できないと言われている)、

現在北京政府が考えている恒大破綻のソフトランディングにしても、住宅ローンを支払っている一般顧客には現物を渡せ(工事中の物件だけは完成させるまで支援する)って話もですね、
そもそも開発中の底地を担保に借入してんですよ(笑
購入した物件に抵当権ついちゃうのか、はたまた貸主に債権放棄させるのかって(いやいや銀行潰れるから)、習近平主席理解しているかしら?な論議もあるなかですね、

※ちなみに恒大の倒産は日本で言えば「三〇・住〇・野〇(か〇菱)」が同時に倒産するみたいな規模感になります。

●同時並行で
・豪州への経済制裁とエネルギー政策大失敗による全土的停電(解決のめど無し)
・環境規制やり過ぎて(開発投資制限)、世界的な化石燃料の供給不足
(あなた太陽光って言っても、パネル作ってる中国が石炭不足の停電で作れませんとw)
・コロナ関連で世界的インフレ(ロックダウンやり過ぎてコンテナ船舶ほか流通が止まった:英国ではタンクローリーの運転手がコロナ失業してから戻ってこないという噂も)
・米国に至っては、バイデンの環境政策で就任直後にカナダのパイプライン計画潰したはいが、ガソリン価格が高途中(そこにトンデモ3.5兆ドルの大規模予算論議です)
・ロシアの欧州向け天然ガスの価格も絶賛高騰中(プーチンは環境政策で生産調整求められたのが原因だと主張)
・唯一の好材料は、豪州やニュージーランドなどのロックダウン強硬派もようやく間違いを認めだした(北欧先進各国は続々と経済活動開放に動きつつある《インフルと同じじゃん派》)
・グローバリズム的には、コロナ対応に遅れる第三世界への投資はリスクがあることが判明し(或いは上記のようなロックダウン強硬国もリスク)資本の移動が始まりそうだ

【中国最大のリスク】は、
中国共産党には勿論テクノクラートいますから、経済学にも明るい人材はいます。
日本のバブル崩壊も大学挙げて研究もしてました。
しかし、この人材が(釣り人小沢氏の書生だった)李克強首相の共青団系になるため、政策に関与できない可能性があることです。この派閥は絶賛習近平派と対立しており(習近平主席からパージされかけている)、
習近平主席の経済学の理解は、高校生以下という噂もある中、

「大丈夫ですか?」←イマココ

●そして中国空軍が【大規模な攻撃態勢】で台湾防空識別圏に侵入を繰り返している

更にAUKUS軍事同盟の設立は(この計画だと豪州が原潜を戦力化できるのは20年後とか)、
暗に南シナ海での緊張が高まれば、退役している戦略原潜(対潜攻撃型は米海軍でも虎の子の筈なんで)をそのままレンタルしようかって話になり兼ねない。
 ↑
この噂から「垂直発射管(VLS)にはなーにも入ってませんから」といくら言っても、誰も信じないだろうってことから、事実上の豪州の核武装ブラフだと言われています。
(現在首相のモリソンが必死に「核武装はしないって」弁解中)
※何故なら、共産党が言えないき強硬意見で敵国を脅す役割もっている中国の対外報道機関が堂々と「豪州への核攻撃に言及した」からでしょう。

中国のバブル崩壊だけで終わればいんですが、、、
(勘ですが、中国でも大規模なインフレと元の暴落が始まるだろうと、、)
経済学的にそんな理論があるのではありませんが、
戦後のブレトンウッズ体制(為替相場制)というのは、戦勝国による『核本位制』のようなものなんです、(言うならばドルがハードカレンシーなのは米軍がそれを保証しているから)つまり国際通貨の価値の防衛と軍事力の誇示は背中合わせで(円は日米安保本位制←なのでプラザ合意一発であの時猛烈な円高にもできちゃったのであり)、
中国が、経済不安(通貨不安)を背景に軍を押し出す可能性には別の意味もあるだろうと思うんですよ(中国もTPPに入れろコノヤロー的な:「台湾だけ加盟させると攻撃するぞコラ」)。


■そして【現在未確認情報】
気味悪いのは、フェイズブックの障害に続き「今現在アマゾンに通信障害」出ている筈なんですが、(まさか私だけとは思えないんですが)少なくとも2時間以上続いているにも関わらず、全く報道されない、ってかググってもニュースが全くでないどころか、
duckduckで検索しても2chの板にも出ていない。
唯一ヤフーのTwitter検索でかすった話が1件(そんな筈無いだろ)「何コレ?」
障害自体もそうですけど、この件が検索にまったく出てこないのも(どっともどっちで)怪しいですね。

(追記:障害は3時間ほどで回復したようですけど、いくら検索してもやはり「傘下のツイッチへのハッキング攻撃」ぐらいしかみつかりませんAmazon Web Servicesダッシュボードにも”正常”としか表示が無かったですし、何だったんでしょうねww)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 13:02 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする