ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< January 2022 >>
SA MO TU WE TH FR SA
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(56)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

うがった見方かも知れませんが岸田政権のバタバタしているとこ(ワザとか)

2021年12月04日

誰が台本書いているという意味では無いのですが、
(本当にナチュボーンの可能性もあると思います)
親中系の閣僚や党役員の発言を”さらす”というか、事前に何か含ませることも無く、
公明党のなんだかわからない給付の話も、世論の避難轟轟に任せているというか、

●感染症関係への入国規制の素早い対応と比較して、
「なんかワザとやってないか?」な気もするんですよ。
岸田派としては、林外相が次の首相候補とも呼ばれ、岸田首相ぶっちゃけライバルなんですよ。今回の入閣も派内で岸田降ろしなんかされても困るので閣内に入れたとも言われており。
ここでバリバリ親中発言で叩かれれば、外相の適正はおろか「この人首相にしちゃダメだろう」が幾分かでも広まりますよね(笑
ええ、特に安倍首相に(安倍派内の反安倍とも言われる福田総務会長の件もね)
安倍首相に(石破氏や河野氏の時のように)「この人はダメでしょ」で動いてくれれば、自分で潰さなくてもいいワケで、茂木さんも何か評判落とすことでもあれば、加藤勝信氏に恩も売れます。

公明党のなんとかも、維新を使うなりして牽制しないととか思ってくれれば、
頼まなくても菅首相が動ていくれるかもしれません。
(密かに「高市さんもっと暴れてくれないと」とか思っているのかも、、)

いずれにしても岸田内閣の本番は来年の参議院選挙以降になります。
その間に、めんどくさい案件は「あなた無理だから」って事前にダメ押せれば得策。
そこまでいかないまでも批判の中、首相自ら収拾を図れば主導権を握れる。
(繰り返しで恐縮ですが、本当にナチュボーンの可能性もあると思いますが)
※そして重要な事は、親中も公明案件もメディアが先頭に立つか形で批判はできないし、表向き安倍傀儡政権的な雰囲気を払しょくできる。【一石三鳥です】

●最近、岸田氏って存外に食えない人なのかもしれないと思い始めてます。
(米国からの防衛費増額要求も、堂々高市政調会長が公約に防衛費増額を明記したからってとこもあると思うんです。あの政権公約も”ほぼ丸投げで”任せたって、後から米国から圧力くることを見越したものだったのではないのだろうか、、。「仕方がないじゃないか」のが動きやすいですからね、←これは宏池会の伝統かもしれません。)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 00:17 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする