ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< August 2022 >>
SA MO TU WE TH FR SA
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(56)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

自慢じゃ無いですがアイコスが販売される何年も前から電子タバコだろと、

2022年02月03日

ブログで書いていたんですよ(飛行機が禁煙になり始めたころの話です)。
プイリップモリスの研究開始がいつなのかまではわかりませんが、
それしか解決策が無いのは見えてました。
(日本と違い、ヴェポライザー文化のあった欧米のが着想が早かっただろうこともJTにはわかっていたと思うんですが、、、)
後塵を拝することになったJTの雲行きが怪しいそうです。
機材のベースはそれこそヴェポライザーなので各社似たり寄ったりですが、専用タバコ開発の点でフィリップモリスは圧倒しました。

●私などは最近、着火する通常の紙巻よりアイコスの方に手が伸びるぐらいです。
のんびり構えていたとは思えないのですが、
戦力の逐次投入みたいな不格好なこととなったJTは(一体何機種あるのでしょうか)、クルクルと新機種を販売も「やっぱりアイコスには勝てない」風評が定着しつつあります。
(※ブレード型アイコスの裏技もいつまで使えるのかわかりませんが、ノンニコチン互換品まで登場している昨今、私は思いますよ「きっと本家フィリップモリス本社製ノンニコチンスティックが登場するだろう」と、タバコ課税から逃れ廉価な設定も財務省あたりと折衝中でしょう。)

これまた武田教授じゃないですが、
タバコの健康被害ネタもエビデンスの怪しいものが多く、
アイコス登場以来、そのリスクは大幅に低下。
特別規制する理由もどんどんこじつけのようなものになりはじめています。
(左翼は左翼で、マリファナ解禁とか意味のわからない方向いきつつありますし)
結果どうなっていくのかはまったくわかりませんが、

JTが”甘く見ていた”とは思いませんが(初代プルームの出だしは早かった)、
現在追い込まれているように思いますね。
(きっとJTは勘違いしてる。鍵は機種では無く「スティック製法の差」ですよ、これ)
パテント払ってでもアイコスと業務提携の方向探るべきじゃないでしょうか。
非喫煙の多い若い方にはどうでもいい話かもしれませんがw
いやいや技術大国日本はどこへいったのか。

<オマケ>

●こう言っちゃなんですけど(タバコ擁護的なこと言うためには勇気がいるご時世です)
こそっと書きますが、
どっかの調査で、喫煙者のコロナ感染率は低かった筈(感染以降の症状は重いとされてますけどね)、理由は簡単で「喫煙は軽い低温やけどほどの高温であるため、たいがいの口腔内ウイルスが死ぬから」です(逆に一度感染すると症状が重くなりがちなのは呼吸器系に負担かかっているため)。
 ↑
前述の括弧のとこのネガティブ情報がアイコスだと”ほぼほぼクリア”しているため、
(こういうこというと叱られるの承知で言いますが)予防になる可能性もあるんでずぜ、
 喫煙者アングラ情報でした、、、



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 07:57 | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする