ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< July 2024 >>
SA MO TU WE TH FR SA
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(58)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

元自衛官がウクライナ義勇兵応募との報道について

2022年03月03日

繰り返しになりますが、私はプーチンを支持するとかロシアを応援しているのでは【ありません】
今生きている紛争の事実は何かを(みなさんご存じのようにコロナ感染症報道において特に地上波及び新聞紙上でフェイクニュースが溢れましたから)、信用のおける情報及びフェイクニュースの裏読みなどから考えているもので、
●現在のプーチンの思惑は「ロシア帝国の再興」であると思っています
ですから(それが北方領土と関係するとも思えませんが《ロマノフ王朝時の領土では無いため》)国対国で考えれば、ロシアが日本の潜在的仮想敵として”やっかいなことになった”という認識です。

それを前提にしてですが、
ウクライナ大使館の呼び掛けてトンデモ無いこととなっていたようです
日本政府“義勇兵”志願に自制促す・・・元自衛官ら応募(2022年3月3日)
https://youtu.be/QevxCmK-3_s


噂によると計70名前後の応募があり、そのうち元自衛官が50名との話です。
(私は北海道出身ということもあり親族等に複数自衛隊関係者おりまるので他人事ではありません)
ウクライナ大使館は政府の要請で募集記事を削除したとのことですが、
トンデモ無い話です。
(他国を情報工作で利用するにしても”限度”ってものがあるでしょう)

■現在地上波中心によるフェイクニュースで(しかも東側の報道は報道規制で世界的に報じられなくことになっています)あたかもウクライナが正義であるとかウクライナの動機が西側自由主義圏のものだと勘違いされている方いるかもしれませんが【まったく違います】
(そういう意味で私は現在のウクライナ紛争をどっちもどっち、加えて言えばウクライナ政府の動きが誰かに指図されているような違和感があるとお伝えしているのです。)

ここ近年のウクライナの反ロシア世論を考える上で以下の人物がポイントになります
ステパーン・バンデーラ
wikiによれば
ステパーン・アンドリーヨヴィチ・バンデーラ(ウクライナ語: Степан Андрійович Бандера, 1909年12月1日 ‐ 1959年10月15日)は、ウクライナの政治家、ウクライナ民族解放運動の指導者である。

(時にナチスと組んでソ連と戦ってみたり、後に独立宣言してナチスに逮捕されたりしている民族運動家であり、武力・暴力を辞さないとこから政治家と言うより”過激派”に近いと思います)
近年ウクライナでは大きなサッカーの試合などにおいて(K国の某人物の垂れ幕を思い出してください)巨大なステパーン・バンデーラの垂れ幕が登場するという(これも誰が支援をしているのやら)、民族主義が反ロシア主義の中心となっており、多様性だ民主主義だの西側陣営のものとは【違います】
(ロシアのプーチンは彼をナチスと呼んでいる←ロシア側の見解って意味ですよ)

●しかも(誰なんだか)多数のウクライナ人を名乗る保守派の人物が現在日本の保守論壇に持ち上げられ、保守系ネット番組などにも登場し、”誰に聞いたんだか、、”「日本は憲法改正するべき、ロシアは北方領土を返せ」と主張しています。
(ウクライナ大使館の募集に元自衛官が参加示した背景は上記であると思います)
 ↑
しかしウクライナ人を名乗る保守派の人物は一切、ここ近年の中国の空母戦力化(ワリャーグを鉄クズとして中国に売ったのはウクライナです)ロシア製戦闘機のコピー技術支援、イスカンデル他弾道弾技術の北朝鮮への支援、日本の安全保障にとって直接の脅威となっている件に現在のウクライナ政府が関与していることを一切触れていません(非常に怪しいんです)。
【日本はウクライナによる軍事技術流出に大変迷惑してるんです!!】

多数の自衛官の諸君が現役含め、休暇を利用し自費で海外の特殊部隊などで実戦経験を積んでいるのは知っています(それを止めはしませんが)。
今回は元自衛官という話ですが、ウクライナ紛争にウクライナ側で元自衛官が参戦するのは(正直に言います)「筋道として間違っていると思います」

「ウクライナ民族主義VSプーチンのロシア帝国再興」
 ↑
日本から見れば、どっちもどっち好きやってくれって話です、
(ウクライナを後ろから煽ってる米『民主党』のネオコンは別ですが)
(※何年も前からウクライナ軍主力がロシア人居住区独立派武装勢力と《【ミンスク合意】に反し高度な自治を認めず》内戦続けていたのは事実ですから:その戦闘には怪しげなハーケンクロイツを掲げる右翼過激派部隊も参加していた)


■勿論、過去ログで書きましたが、私は紛争を抑えるべきと思っていますから。
「ドイツ軍が【ミンスク合意】を守るため、ドンバス地方へPKOで入るのが筋(これしか抑える方法は無いのではないか)」と書いたんです。
今でも、ウクライナは早期に停戦合意に応じ(メディアを使ってロシアを中傷するのをまずやめるべきです「ミンスク合意」の時のように、《米国では無く》フランスとドイツの立ち合いを求めるべきでしょう。
※みなさん忘れているようですが、フランスとドイツは【ミンスク合意】の当事者です。

そもそもロシアはウクライナの占領を求めておらず(プーチンの真意はこの際関係ありません)
ロシア側の公式見解を受け入れてウクライナが損することはほとんどありません(非武装以外→この解釈もロシアは日本の自衛隊的なものは認めるの意です)。
仮に、ドンバス地方の独立を認めないのであれば、高度な自治の一環としてドンバス地方に限りロシア正規軍の駐留を認めればよいのです(こんなもの外交文書の読み方でどうとでもなるでしょう)。
【ロシア側が安全保障上問題だと考えていたウクライナ国内施設の破壊もほぼ終了したようです(ロシア側のプロパガンダでは米国の生物科学兵器研究施設の疑いがあるという施設)】

そもそもウクライナはロシアと戦争して勝てっこ無いんですよ?
しかもウクライナ民族主義は反ロシアなんですから、
ウクライナ総選挙を考えても、ドンバス地方を切り離す方が現在のウクライナ政権の足場は強くなります。
(ウクライナの右翼過激派が《選挙でも邪魔者になるからと》ドンバス地方のロシア人を弾圧する必要も無いんです)

一体何の目的で今回の紛争を煽っているのか、
ウクライナ政府は合意できるところは合意して、(その後はNATOでもEUでもいいから)とっとと停戦するべきです。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 14:24 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする