ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< July 2022 >>
SA MO TU WE TH FR SA
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(56)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

「ウクライナ紛争」ヤバくなってきました(武器の流出)

2022年06月06日

張陽さん引用してるの西側の報道で、ロシアじゃないですからね。
【第360回字幕あり】ウクライナに提供した武器は闇市場へ?「ウクライナが最終勝利」というソロスの言葉の真意はこれなの?
https://youtu.be/WeOiNV_ZLow


西側からの支援武器をテロリストに転売してトンズラするのがいるそうで、
(ウクライナは元々政府の汚職指数が酷いランクで有名、しかも今回のウクライナ軍はどこまで正規軍なのかよくわからない編成になっている《ネオナチ軍の一部はウクライナ人ですらないし、、》)
且つ、今回の紛争で一般市民にAK47ばら撒いているということですから、

仮にゼレンスキーが裏で「ポーランドによるガリシア地方の併合」みたいな話を進めているなら
(ポーランドはカソリック、ガリシア地方にはカソリック系住民も多いと知られていますが、言うまでも無くウクライナはウクライナ正教ですから、宗教的には対立関係にあり、仮に政府の要人などがポーランド人になっていけば新たな内戦が起きても驚きません。「ウクライナのアフガニスタン化」です)
停戦後にトンデモ無い事になるかもしれません。

西側報道筋によると、主として流出している武器の行先はアフリカと言われてますが、
仮にトルコのクルド人反体制派なんてことになれば、、、
それはエルドアンが和平工作に躍起になるワケですよ。
長期化すればするほど膨大な武器が(アフリカだけでなく)中央アジアから欧州に流出することになってしまうのかもしれません。


●だからブログに書いたんですよ、、(紛争前の初期の頃)
紛争を防ぐには(プーチンに一通連絡入れて)、
ドンバス自治政府が住民避難を始めた時に、「ミンスク合意を守りなさい」と平和維持軍的にドイツ軍がロシア系住民とウクライナ非正規軍の間に入るべきだったって(ドイツはポーランドの動きなど相当知っていた筈です)。ガチ切れしたプーチンが一義的にも国際法的にも悪いんですが(国際政治にいいも悪いもありませんので《国家主権の上位概念は無い:特に常任理事国》)、止めに入るなら紛争が起きる前のがはるかに簡単だったし犠牲も少なかった(当然そんなことは米国がさせなかっただろうけど)。

※これがまた、あの地域にドイツ軍ってなるとまた微妙な話になると思ったのかもしれませんが、
トランプ大統領だけでなく、まさかメルケルがいないことがこれほど欧州を不安定化させるとは思いませんでした(メルケルも政治家としては大概だけども米国の顔色伺うってタイプでは無かった)。


ちなみに、まさかとは思いますが、、
ポーランドにとってはウクライナがオデッサの港を失うことも都合がいいのかな?
(小麦輸出利権の全て手に入れることができますから)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 13:59 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのトラックバック