ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< February 2024 >>
SA MO TU WE TH FR SA
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(58)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

【重要】ウクライナが避難避難言ってる理由(彼ら原発への攻撃本気です)

2022年08月19日

ロシアが再三国連でウクライナ軍によるザポリージャ原発への攻撃を非難する声明などを要請しているように(たぶんロシアはS400などの迎撃ミサイルを原発周辺に配備しているのではないか)、このリスクを指摘しています(自身が科学兵器や核兵器の使用をしない言及もその意図か)。
ウクライナ軍としては、ロシアのドンバスから南部の占領(ロシア的には解放)が固定化するのであれば、誰も住めない汚染地域にしてやろうという思惑もあるのでしょう。
同時に、腰が引けてる欧州に自分達も被害からまぬかれると思うなよの恫喝の意味にもなる。
(欧州の態度にウクライナは相当にイラついている)

■最近盛んにウクライナ広報が地域住民に避難を呼びかけ、
あるいは強制的に非難させている目的は、
ザポリージャ原発への攻撃を最優先させる作戦が進行中であるという意味では?
(それがロシア側にもよくわかるように宣戦布告調のアナウンスしているのでしょう→「これから寒くなるので避難しましょうね」)

クリミアだけでなく、隣国のベラルーシの航空基地(空港?)でもロシア側報道の事故?が起きてますが、一部西側はウクライナ軍のテロ攻撃(非正規軍による破壊工作の意)ではないか?と推定しています。
これはザポリージャ原発攻撃への前哨戦なのか、
(最近ロシア軍はクリミアへの攻撃はウクライナ軍関与の可能性があると言及し始めている)
航空優性を一時的にでも獲得するための布石なのか?

これは相当にロシア軍も泡食ってるでしょう
ザポリージャ原発への攻撃激化の背景には、ロシア占領地域への電力供給工事が始まったあたりかもしれません(この配電施設も破壊工作により炎上爆発していた筈)。
果たしてロシア軍はS400でザポリージャ原発を守れるのか。
はたまた、ロシア占領地域へ潜入した非正規軍の破壊工作を阻止できるのか(下手するとこれCIAが支援するでしょう《てかCIAそのものかもしれません「報道ではウクライナ軍精鋭部隊とか言われてますが、そもそもネオナチ系部隊は米軍と英特殊部隊SASから直接支援を受けていただけでなくウクライナ人ですらなかったりしますから」》)、
※言うまでもなく原発を守りきれない場合ロシア軍は面目丸潰れです(敗戦に等しいかもしれません)
 ↑
この辺はヤバすぎるので表立って報道されないかもしれませんが、
欧州は気が気では無い筈です。


posted by kagewari/iwahara at 10:43 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのトラックバック