ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< December 2022 >>
SA MO TU WE TH FR SA
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(57)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

そういう意味では岸田首相の政策判断が心配(円安とか)

2022年09月29日

<中段に追記、電気料金補助の動きについて>

とにかくメディア受けを気にする(支持率こそが政策命題)
ご存じのように大手メディアは控えめに言っても「無茶苦茶」な状況にあって、
円高と言って騒ぐかと思えば、次の日は円高だって話になる。
(※安倍政権時代はインタゲ言ってるのに物価が期待どおりに上がっていないからアベノミクスは失敗だと騒いでいた)
危機を煽った感じになるネタであればなんでもよいワケで、
円高に起因するインフレ要因はたいしたものでは無く(飲食店における原価率をまず考えなさいって話です《更にその原材料コストの話ですぜ》)、現在日本のインフレの一部はアベノミクス時代のインフレターゲットで本来上がる筈だった部分を「何故か耐えてしまい(値上げ言われて叩かれる怖さから)」、便乗値上げのタイミングをずっと待っていたところに起因する部分がありました。
※でなけりゃ一部大手流通のプライベートブランドを値下げセール作戦などできっこない


言えばコモディティ市場のコストプッシュが原因なのですから(高橋洋一氏などの解説では)、その部分だけに補助金など政策的手を受てばなんてことない水準にあります。
●問題なのは(これ確実に政策判断ミスなんだけれど)米国の意味の分からない利上げにあって、FRBのパウエルはいつまでやる気なんだって話です。米国のインフレは政策上の失敗とロックダウンやり過ぎた民主党系州(ブルーステイツ)の流通や人件費単価の高騰によるもので(及びロシア制裁の反動)、
「え、インフレの原因と金利に何ら関係が無いのに、、、」バイデン政権失政の尻ぬぐいのため利上げに邁進していることにあります(これじゃ株価も景気も低迷しますよ)。
※消費税増税に一心不乱の財務省とちょっと似ていますが、米国の金融街や富裕層は低金利による株価高騰などのキャピタルゲインで大儲けできなくなれば「そろそろ金利あげてもらわないと商売できない」ってのがあってですね、(自分は売り抜けたので)金利上げのプレッシャーが金融サイドからあるのも事実(今度は空売りで儲けるからって)。
 ↑
トランプ政権時代にFRBによる金利上げで株価が暴落し(この時もパウエルじゃなかったかしら)、こっぴどく叱らて「詫びまで入れて金利を下げた」ことも記憶に新しいと思います。

<追記>何やら電気料金補助の動きがあるようですね、この判断は正しいです(是非その方向でいっていただきたい)


■日本としては迷惑千万なんですが、、、
どうしてもFRBが政策判断変えないのであれば、日本も金利を上げる余地は十分にあるので、別に困らないと言えば困りませんが「待ってましたと株価は下がるでしょう」。
そうなれば景気も低迷し(前述のとおりで現在のインフレは必ずしも円高ばかりが原因と言えないので《理想は財政出動して減税や所得分配を拡大することで吸収すべき》)、
為替相場が円安に戻ったからといって値下げラッシュが始まることも無いのであってですね。
※また現在FRBがいつまでやるのか天井知らずな側面があって、短期的に金利をあげてもFRBの出方がわからないので簡単には円高に誘導できない。
 ↑
為替相場にバタバタしたり、金利競争に付き合うことに政策的な意味がほとんどない
(中段追記の電気料金補助的なのが正解で、上記は悪手となるリスク有りでしょう)

●結局トランプ再選(或いはデサンテス大統領)の24年まで辛抱なんですが、
メディアが円高円高ウェーイ騒ぐのが気になって、岸田総理が一気に低金利政策の展開に踏み切ってしまう可能性があります「そこが何より心配」
※日本の需要不足はまだ十分に解決しておらず(前述のとおりで「所得増となる財政出動をするべき」)、マネーサプライを絞れば(企業活動の縮小を招き)不景気からの失業増(所得減)の可能性すらあります。
「それはダメだよ岸田さん」と言ってくれる安倍首相はもうおらず(最近は得意の聞く耳もなくなってきたようですが)、官邸でガッチリ経済政策をハンドルしてるブレーンも見当たらない(目立つのは財務省のプロパーみたいな側近ばかり)。

ちょっと心配になってきました、
(期待もしていなかったので驚いているワケではありませんが、、何か嫌な予感がするというか、、)



posted by kagewari/iwahara at 03:07 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのトラックバック