ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< June 2024 >>
SA MO TU WE TH FR SA
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(58)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

いよいよ寒くなってまいりましたね(広ければいいってものでもない)

2022年12月13日

半分冗談で「無駄に広い1DK」なんて言うこともありますが、
「意図的に効率重視で居室は6帖にしてるんだよ」と見ることもできます。
何故って、光熱費が安くなるからです(DK部分の居住性はアレになりますがそこは我慢で)。
1Rなんかの場合、昔話ですが問い合わせ顧客の方の友達の話で「先輩から外国人向けみたいなドーンと広い50u1Rの部屋が空くからお前どうだ」って話があったので喜んで契約したところ、「光熱費がトンデモで退去した奴いますよ」なんて話を聞いたこともあります。

本来外国人向けなそういうお部屋では、衣類などで調整して温度調整は控えめにって生活様式でいきますよって意味なりますから、日本の戸建て住居のお茶の間温度感覚でいくと大変なことになるのです。
逆説的には、1Rでも基準値の17uよりあえて狭い感じにしておけば(15uあればギリ4畳半ぐらいの居住空間取れます)あまり光熱費の心配もしなくていい。
うっかり大変なことになるのは、相場が安い地方の賃貸住宅かも知れません。
賃料が安いものだから、若い人が「最低でも1L」とかになってしまうと常に12帖前後の空間を(戸建てのお茶の間は意図して6帖だったりするワケで、、)お茶の間感覚で調整するとトンデモの光熱費になってしまいます。

最近は「ミニマリスト」すっかり知られた言葉になりましたが、
(サッカー選手がインタビューで僕もミニマリストなとこあるからなんて答えるぐらい)
私の学生時代は「4畳半一間が寝転がったまま全てに手が届くので便利なのだ」なんて言ってたぐらいです(当時はまぬけな電気ストーブ一台で過ごしていたかしら)。

retourのレポートで割と有名どころに「赤坂レジデンシャルホテル」なんてのありますが、意識的に狭い方の部屋を選べば12,3平米の部屋があったかな(調べたら13.8uですね)、この部屋はホテルがベースなので(ビラモデルナと同じ)所謂キッチンと洗濯機置場が無い腰高窓の部屋なので思うより体感も広いのですが、(専用コインランドリー常設みたいな)そういうコンセプトの部屋がもっとあってもいいと思います(キッチンレスにするのは極端ですけど)。



posted by kagewari/iwahara at 04:03 | TrackBack(0) | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのトラックバック