ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< February 2023 >>
SA MO TU WE TH FR SA
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(57)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

ワクチン関係が自己責任論になる背景は簡単で(これいいとも悪いとも断言できない)

2023年01月06日

個人的に「私は打たない、或いは打つでも」全然それでOKなんです
(ここは自己責任論だと思います)
しかし疫学上というか、医学的証明としてどちらがどうだと断言できません。
何故もかかしも、緊急事態でエビデンスも怪しいまま見切り発車した事案ですから仕方がありません。政治上の判断も「こうだろう、こうじゃないか」の賭けに近い判断で始めたことで、最初からぶっちゃけ責任取れないからって話であり、
少なくとも菅政権などの前後でワクチン導入が社会の動揺を抑えたのも事実。
(ワクチン開発スピードアップしたのは「ワープスピード政策」を打った保守派大好きトランプ大統領ですよ?)
※歴史的にこの判断がどうだったのかは、まだわからないんです。

「わからないことだ」←が事実、
故に、その判断は各個人に任されているということになります。
(医療資源的に)社会的責任ってところで言えば、
できれば”発症”しないように各人できることをって話になりますので(日本が集団免疫に舵を切っているのであれば”元気で状態のいい《発症しずらい》時にいっきに感染だけしてください”になりますが)、個人的利益としても(発症しない方が楽なのだから)
ワクチン打っても打たなくてもやるこたぁ同じだと。
※打たないで何度も発症して病院の世話になってると少々アレかなと(私は「打たずに発症もせず・周囲に感染も無し」なので接種派以上に医療資源確保に協力している自負がありますぜ)。

■なのでワクチンガーで分断級の論議になるのもどうしたものかと、
(反対派を検閲でBANするのは違いますよ、各人判断できるように賛成派・反対派双方の意見を本来政府も広報すべきぐらいの話《インフォームドコンセント政策ですよ》)
「正直どっちがいいのかわからないが、政府としてはこっちに賭けることにした(それで多数票を得ているのでこれは民主的選択です)」←国会答弁などで堂々とこう言ってしまえば一番わかりいいんだと思います。→《インフォームドコンセントを徹底していないからめんどくさいことになってるんです》「言えばこれ情報開示のこと」

河野大臣もワクチンの副作用を疑問視する記者をデマ呼ばわりはいかんよ、



posted by kagewari/iwahara at 14:09 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのトラックバック