ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< May 2024 >>
SA MO TU WE TH FR SA
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(58)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

WBC中国戦を振り返って(アレは作戦では無いと思いますが)

2023年03月10日

圧倒的な戦力差にあるチームが「万が一の勝利に賭ける方法があるとするなら」
主力選手を全員歩かせ(一球もストライクを投げず、勘違いして打ってくれたら儲けもの《ボール球なのでアウトの確率も上昇する》)、日本なら源田君や甲斐君などラインナップの中でギリギリアウトを取れるかもしれない選手とだけ勝負する。
 ↑
どうせ負けるのならと腹をくくれば、
「打線の弱いとこと以外にストライクを投げない(押し出し1点までの四死球はOK)」
【この作戦は案外使えると思いましたw】
(普段でも時々ストライクの入るノーコンピッチャーの攻略は難しい《配給も読めない》)
※その反対に相手は圧倒的に優位だと思ってますから、自チームで唯一打てるかもしれない上位打線相手にド・ストライクで勝負してきてくれます。

中国が意図してそれをやったとは思いませんが、
昨日の試合を見て「ワザとこの流れに持ち込む方法もあるぜ」と気が付いた奴いるかもです。
(チーム全体にその戦術が理解されている場合、野手も四死球展開に落胆することもありませんし)
これは戦力の拮抗する普段のリーグ戦ではありません。
(サッカーにだってジャイアントキリングはある《守備ブロックを引いてって戦術を、常にノーアウト満塁も許容してと考えれば通じるとこあると思いませんか?》)

アブナイアブナイ 安心して見ていられる試合はありませんよ。



posted by kagewari/iwahara at 08:04 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのトラックバック