ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< June 2024 >>
SA MO TU WE TH FR SA
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(58)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

「ウクライナ紛争」で何故か”どこも誰も”指摘しないロシア製兵器の価格が安い件

2023年05月29日

このブログでは過去にロシアの武器がトンデモに安い件紹介してますが、
これ大手メディアではタブーなんでしょうか?
経済齧ってる人ならバカでもわかる一番大事なとこでしょうに。
弾薬から武器までロシアの兵器は総じて西側の3分の1〜5分の1です。
(安いのはAKだけじゃないんです)
なので経済力が西側の3分の1〜5分の1でもタイマン張れます。
(性能も最新鋭のものが五分とは言いませんが、言うほど劣っていません。)
F35迎撃に最初に成功したのもロシア軍で(短波だか含めて複数のレーダー波を組み合わせるステルス破りを”現場で編み出した”)、カタログスペックだけでは兵器の性能は語れません。


■その意味が、生産の現場で仕事されている方ならすぐにわかったと思いますが
価格が高い=大量生産できない
価格が安い=大量生産できる
(ロシアの兵器が安い理由は事件費だけではありません)
長期戦になれば西側は武器弾薬が無くなるんです。

(西側は長期戦を想定した段階で負けを意味します《というかロシアと戦ってるホントのへッドクォーターはどこの国なんですか?戦略はおろか、おおよそマトモな戦術的運用が行われているとは思えません:戦力の逐次投入と戦域拡大により各個撃破され続けてるんですよ?いくらなんでもウクライナの半ば強制的徴兵による兵士が可哀そうです:ウクライナは戒厳令により成人男性の国外渡航が禁じられている》)
 ↑
何故か、誰も、どこも、この解説しませんよね、
異常ですよ真面目な話←意図して黙ってるとしか思えない

(F16ごときではどうにもならない件は心理学の方に記事あります5/23)




posted by kagewari/iwahara at 15:28 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのトラックバック