ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< April 2024 >>
SA MO TU WE TH FR SA
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(58)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

コロナパンデミック「京大宮沢準教授の告発」(個人的には2年前に開き直って欲しかった)

2023年10月01日

宮沢準教授はウイルス学の権威であり、この点から武田教授などとの対談含め(阪大の上久保名誉教諭より専門性高い人だし)、堂々歯切れのいい論評求められていたんだけれど、
以下紹介する動画にあるように、この告発は「辞職覚悟《学会からの追放》」覚悟でやらないといけないことだったので、彼もなかなか腹を決められなかった。
※気持ちはわかるんですが、世界や日本が大きな問題をそれによって抱えるのであれば、その保身にも意味がなくなってしまうのであり、
 ↓
彼を批判する気持ちも権利もありませんが、若干残念だったのは以下の見解で
宮沢医師「最初は嘘だと思った。そんな悪いことをするはずがないと。しかしデータを解析したらすぐにわかった」(動画)
http://totalnewsjp.com/2023/09/29/covid19-991/
 ↑
「歴史や国際政治への知見が無かったことが、告発が遅れた原因」ということになるのかな、
(いやあ、大人なんだから知っていてくださいよ、、)

【そして今】
米メディアも報道/日本のトップウイルス学者が街で警告「分析すれば一目瞭然」 「自然プロセスでは考えられない変異」京大宮沢教授
http://totalnewsjp.com/2023/09/30/covid19-992/

講演会での様子
【昨日の講演より】そして、日本の現状はこうです。【宮沢孝幸 京都大学准教授】
https://youtu.be/SuNlcQ7KKfA?si=mvDDI4aO2l83pFIX



勿論この陰謀にはワクチン接種含めた壮大な疑惑がもたれており(宮沢準教授「米議会ではこれを今後ガンガン追及の方向ですよ」)、24年選挙後のトランプ政権では相当なところまで本当はどうだったのか判明していくものに思います。
「ウクライナ紛争」にも類似の背景ありますから(熱心な政治家とメディアが何故かコロナと同じ面子である)、
《トランプ大統領が暗殺されなければの前提ですが》
国際政治においても「ジャニーズ性加害問題」的壮大なネタバレが起きるかも知れません。
●現代社会の世論というか有権者の理解と責任として
「一定程度は国際政治の裏側を理解していないと不誠実だ」という構造なんだと思います。
(すっかりそのまま、ジャニーズ性加害を知らんぷりして応援していた視聴者の責任と被ります)

※昭和では長時間労働含め「庶民は忙しい」道理がありましたが(事実そうでした)、
ことパンデミックに関しては自粛や休業含め「時間には余裕があった筈」ですから、庶民の側の事情も違います。
メディア報道に疑問を持たれている方少なくないでしょう。
(北海道の某地方の話ですが、医師個人の判断で《医師会の指示に反し》当初から児童への接種をすべきでないと地域世論の形成に動いている開業医の先生などもいらっしゃいます。)


posted by kagewari/iwahara at 23:27 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする