ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< July 2024 >>
SA MO TU WE TH FR SA
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(58)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

やはりネタニヤフ政権は支持率が低下している(「ガザ戦争」関連)

2023年10月30日

中立的翻訳情報提供で信用高い「カナダ人ニュース」さんより
10.28 イスラエル世論の反応は?/仲介する国はどこ?
https://youtu.be/zwC6tSkOxQg?si=Wj5qHrqmezx5vtNx


・今回のハマス襲撃を許した結果、ネタニヤフは次の選挙で失脚すると言われている
(なので、今回ネタニヤフが襲撃の黒幕陰謀論はナンセンス《イスラエルの世論動向知らなさすぎ》)
ちなみに、現代人質解放交渉の仲介行ってるのはオマーンで、
オマーンってハマス政治部が国外に事務所置いてる”その国”です。
つまり、襲撃計画を知らなかったとされるハマス政治部が収拾を図ってる事になります。
(武装勢力部は何をしてくれたんだと《政治部が攻撃自体を批判してるの意ではありませんよ、一般市民に対する残虐行為や、それを自慢げに動画でアピールした事です》)

関連報道
イスラエル奇襲攻撃の黒幕、ハマスのデイフ司令官とは何者か?
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2023/10/post-102821_1.php

一部情報ですが、
ハマス武装勢力(アルカッサム旅団)の計画は「イスラエル軍兵士の拉致、(イランが直前に米国と交わしたような)捕虜交換の要領で逮捕されてる幹部の釈放を求める」ものだったという話があり、一般市民に対する残虐行為や誘拐は「壁を壊したら乱入したパレスチナの一般市民の一部が暴徒化したケースもあった」とされており(この話のどこまでが本当か知りませんが、壊れた壁からパレスチナ市民がイスラエル側に殺到したのは事実)、
【だとしたら】一般市民の人質解放を、計画を知らされていなかったオマーンのハマス政治部が進められている事にも合点がいきます。

●私は今回のイスラエルに対するテロ惨劇の原因を
「米国のヘマによる大量の武器が闇市場に流れた事」だと思ってますが(批判を恐れてイスラエルに押収された武器は手製のものが多いなど、意味わからない発表までさせたる始末です)、
武器の流出は二重構造になっていたようです。
ハマス軍事部門も知らないところで、パレスチナ人一般市民への武器の流入もあった可能性があるということです(軍用正規品の武器が容易に入手できれば、それまで使用していた旧式のものや粗悪品はどこにいきますか?)。

以下の報道に傍証があります
ハマス軍事部門トップ、イスラエルへの新たな攻撃を表明
https://www.arabnews.jp/article/middle-east/article_101581/
<記事末尾引用>
この緊張はガザにも広がっており、ハマスにつながる活動家たちはここ数週間、イスラエルとの境界線沿いで暴力的なデモを行っていた。これらのデモは、国際的な調停を経て、9月下旬に停止した。

「この市民活動家達の手にもAKが行き渡っていたら?(襲撃による壁の破壊でその一部が武器を手にイスラエル側に殺到の可能性)」



posted by kagewari/iwahara at 13:15 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする