ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< June 2024 >>
SA MO TU WE TH FR SA
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(58)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

平野様様でオリックス辛勝(「オリックスVS阪神第三戦」)

2023年11月01日

中島監督は日本シリーズでも案外連投だとか投手のコンディションを気にする人で(多分彼は精神論系の指導者では無い)、最初にヤクルトに負けた理由もマクガフが(3イニングだったかな)延長戦で投げ続けることが誤算だったのが原因で、
「宇田川、山崎颯」かと思いきや(あわよくば宇田川も投げさせたくなかったのかも知れない)、点差も考えて調子がいいとは言えない山岡を使った結果(まさか山岡がああも簡単に自慢の決め球スライダーを打たれるとか想定外)、一歩間違えれば負けるところだった。
今期も昨期もクソもベテランの平野は絶対の抑えとして起用されておらず(今年は抑えでの登板多かったと思うが、シーズン当初からのブルペン陣の不調もあったと思う)、「ゴメン頼む」状態だったと思う。

中島監督は比嘉含めてベテラン達には厳しいところ信じてという場面があって、
この試合は平野が中島監督を助けたといっていいと思う。
「歩かせようが、間違っても甘いところはいかない」老練なピッチングだったといいたいところだが、
先頭の原口を歩かせた時には驚いたww
ま、抑えれば文句無し。そこは百戦錬磨のメンタルでしたよ。

「これで五分でしょう」
(それでも杉本を使えないオリックスの戦力的ハンデは大きく、頓宮・紅林の故障だけではなく、中川もデッドボールの影響で本調子ではないとくると、まだオリックスが優位とはいえない。)
流れ的には、オリックスが勝つ場合宇田川の連投になるかと思えたが、これで次は山崎颯一郎が万全で使える。オリックスは投手戦でも戦えるチームなので、”らしくないバント”も増えてくるかもしれない。

シリーズだけでなく交流戦でもヤクルトも対戦した山崎福には特別なイメージは無いが、「カープの床田投手っぽいかな」という好投手なのでバントの可能性含め第四戦は広島が相手のような感じになるかも(阪神は才木君なので中島監督がどの左打者を起用するかだが)。
いずれにしても阪神は、終盤には山崎颯が万全に控えているので先取点から優位に進めたいところだろうが、昨日の伊藤将司も過剰に森友哉を警戒するあまりらしくない失点に繋がった(その意味で頓宮の一発は効果絶大)、才木君は余計なことはあまり考えずに大胆にいきたいところだろう。
<となると>
●そこで、大胆にいくあまり森友哉に一発いかれたらこのシリーズはオリックスペースかな?
(五戦にも《オリックスの伊藤将司的な》左腕の田嶋が控えており、山崎・田嶋いずれかに阪神の左打撃陣が抑えられると王手をかけられた状態で山本由伸と対峙することになる。流石に次回は期するものもあると思うので、阪神はこの両左腕投手をなんとしても攻略しなければならない。)


posted by kagewari/iwahara at 03:36 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする