ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< June 2024 >>
SA MO TU WE TH FR SA
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(58)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

岸田政権の考えてる(いや財務省の考えている)「4万円減税とは」

2023年11月10日

報道されているインフレ対策補正予算、
岸田政権の考えてる「世帯ひとりあたり4万円減税、非課税世帯7万支給」の話。
これ、財務省的には『米国のEITC:Earned Income Tax Credit』
「給付付き税額控除制度」の運用実験を意図したものだと思います。
以前から財務省には「日本でベーシックインカムやるなら「給付付き税額控除」という論議」が内部にあり、社会保障などの肥大化を背景に効率のいい同様制度に切り替える以外に財政の健全化はできないと”一部で”言われている。

岸田減税論議の時にも、周辺には「財務官僚もプライマリーバランスに意味は無く、政府の資金調達はインフレ率で決定されるMMTのような考えが正しいことはわかってる」と伝わっており、補助金行政含めて利権化しやすい現行制度と比較して、景気刺激策も導入しやすい所得の直接分配は有力な切り札として考えられてる”噂”があるんです。

増税による財務省の権限が低下しないか?と思われる方もいると思いますが、
ベーシックインカムに類する制度の始まりは”保守派の小さい政府”です。
(この支給に対して実務を行う官庁はほぼ存在せず、マイナンバーなどと連携すると事務作業すら飛ばして最大効率で執行可能。)
競争関係にある、他官庁のスリム化は(様々な社会保障給付もこれに一本化されるため)相対的に財務省の地位も上げますし、昔と違って東大のエリートが官僚を志望しない現在、天下り先確保みたいな省益は先細りしていくのでは無いでしょうか。
※いつまでも昭和ではない意識は官僚達にもあると思います

勿論この辺の背景は有力政治家にはレクされていると思うので、
総裁選であるとか、与野党党首クラスの論議の中でチラホラ露見してくるものに思います。
また、この実験が岸田政権で可能なのも岸田首相がガッチリ財務省ファミリーな人であることでしょう(思惑の秘密保持も含めて)。
コロナ給付金など、近年様々な実験が行われてきましたが、
「官僚達は案外この政策(給付金)立案進めるのが面白かったのではないか」と思うんですよ。


posted by kagewari/iwahara at 12:39 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする