ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< June 2024 >>
SA MO TU WE TH FR SA
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(58)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

いよいよ冬です、恒例の暖房器具の紹介(同じなんですけどね)

2023年11月29日

アマゾンからナントカアカウント切られたので商品リンクは出せないんですが、エアコンだと乾燥皮膚アレルギーでえらいことなる方少なくないと思います。かくいう私もそうであり、冬期のエアコン利用は最小単位で運用していたりします。今回紹介する”シーズヒーター管暖房”というのはここ10年継続的に最強だと思っており、省電力性能も他の反射型電気ストーブの比ではありません。
ザックリ言えば、ごく普通の電気ストーブの倍近い効率です(600W程度の出力で普通の電気ストーブの1KW超えるパワー感あります←というか長年の利用者ですが”中”以上の出力で使用した経験がありません→「熱っ」てなるからです)。

そりゃエアコンの室内温度設定を微調整して運用する方が電気代は安いと思いますが、”シーズヒーター”は遠赤外線暖房でもあるので、何気に全体が暖かい”気がする”点の優位性もあるかなと。
但し、室温上昇力がエアコン並みに高いかと言えば違うので(私は冷えた部屋の立ち上がりにエアコンを使用し、途中から「ダイキン・セラムヒート」に切り替えることが多いです)、断熱性の弱点には事前に手当しておきたい。

「窓問題」でしょうな(小ネタ的には玄関ドア問題もあるかも)

最強なのは「発泡スチロール」ですが、部屋が真っ暗になりますしww
防火対策的にも若干不安が残ります。
開閉しない側の窓にはプチプチ貼っておけって感じでしょうかね。
遮光カーテンも日光が入らなくなるので、パッシブソーラー的にはどうなんだろうと思います。

■てなわけで商品名的には「ダイキン・セラムヒート」、コロナにもOEM商品があり「コロナ・コアヒート」、ご利用のECサイトなどで検索してみてください。通常の電気ストーブの倍ほど高い値段しますが、1シーズンで元が取れますよ。



posted by kagewari/iwahara at 14:26 | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする