ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< March 2024 >>
SA MO TU WE TH FR SA
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(58)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

タッカー・カールソンがプーチンのインタビューを敢行

2024年02月08日

これタッカー米国に帰国できるんかねww
(勿論『共和党』は歓迎しているようだが、バイデン政権が何をするかわからない)
元FOXのの人気アンカーだったタッカー・カールソンがTwitterから自前の報道を始め暫くたつけども、そのアクセスは米大手メディアを超える。今回のプーチンインタビューはイーロン・マスクとも話を合わせており、必ず放映される。
今日の深夜か明日ってスケジュールのようだ、

過去ログで紹介したオリバー・ストーンの長編映画『プーチンインタビュー』を観ているので、何か新しい話を期待することも無いが、米国世論への影響は大きと思うね。
この報道を前にタッカーは西側陣営のウクライナサイドばかりの報道は「完全なプロパガンダである」と断言しており、米国世論の注目は大きい。
御存知のように、米国世論は必ずしも海外の情報にうとく(国が大きいものだから世論の関心は米国内政となっている)、ウクライナ紛争とその背景の知識が全くない有権者も多い。
タッカー・カールソンの報道は、そこに大きなインパクトとなる。

恐らくトランプはそこを見越して「ウクライナへの支援は終わりだ」的方向を大きく打ち出してくると思う(だいたい現状でもそういう方向だろうけども現状彼はそこ明言していない)。
米国左派メディアのコピー報道ばかり日本のメディアは「そもそもこのインタビューがあることを報道するのだろうか?」すら怪しいww


posted by kagewari/iwahara at 15:13 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする