ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< June 2024 >>
SA MO TU WE TH FR SA
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(58)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

岡田論じゃないですが「阪神の強さと意外と野手が日本代表に選ばれない件」

2024年05月04日

阪神の選手が日本代表で活躍したと言えば、
いつかのなんとか12か、WBCの時か忘れましたが「セットアップで登板の岩崎投手と、先日のWBCにおける湯浅投手」ぐらいで、野手はWBCの中野選手が源田の控えにいたぐらいです。
何故なんでしょうか?
というか岡田監督が名将の場合、どうしてオリックス監督時代は低迷を続けていたのか。
(てかプロ野球なんですから、選手もおらんで監督の采配で勝てるとかありませんてww、本来優勝できる戦力がある時にこれを最大限マネージメントするのが監督の力量ですから。)

岡田監督は評論家時代から「阪神は余裕で優勝できる戦力がいる」と断言しており、
切敷投手がドラフト指名後キャンプ視察の段階でも絶賛するなど、まず眼力がある。
彼が断言していたのは、言うまでもない「投手力」です。
これも飛びぬけた投手がいるというより、ブルペン含めて隙間の無い戦力があるということで、シーズン通してほぼ全てのゲームで接戦できる戦力を保有していることになります(古くは村山・江夏、近年ではJFKの時からここ半ば伝統と言えるでしょう)。
※ですから彼が過去の監督時代に責任取って辞めたのは「勝てる筈の戦力任されて優勝確実とリードしていたのに失敗した時でした」(これは俺の責任だわと思ったのでしょう)。

現在の阪神の強さってのは、「全試合を接戦に持ち込める」となりますから、
平均的に3点4点取れば全勝も可能です(投手力の総合評価が防御率3以下だからです)。
そのためには、「全試合でコンスタントに3点取ることが目標になります」。
(御存知のように長打力はあるには越したことありませんが、「打っても3割の中の長打6割」とかになるので、コンスタンスに全試合は難しい。)
■相手チームは「阪神に1点でも先行させたらゲームは難しくなる」ことを知っていますから、「(投手にいうほどコントロールが無いにも関わらず)1点もやりたくない窮屈なリードになります」
ですから岡田監督は「フォアボールが狙えること、出塁率は全ての選手で打率より上であること」から、狙えるフォアボールは狙えと(彼はそれができない選手には求めていないと思います)、戦術を徹底させた。

相手チームは(エース格とはいえ、たいしてコントロールもない投手に)窮屈なリードですから「そら四球連発します」。
これは長打を期待する以上に、コンスタンスな「1点狙いのチャンスがあるわけで」(阪神の投手力なら1点先行するだけで6割以上勝てますから)、その1点を先行すると、相手チームはそれだけで凄くダメージを受けます(今日もダメかと)、モチベが下がり次々と失点するという訳です。
※矢野監督時代にヤクルトが優勝できたのは、「そんな阪神投手陣でもウチなら打てるでしょ」と思っていたから(実際に打てる打てないでは無く心理的に)「別に1点ぐらい先にやってもええやん」となります(強い時の巨人・横浜も同じく)。だからでしょう。
 ↑
阪神相手に最もやってはいけないのは「チームで一番いいローテを組んで投手戦に応じる事です」
(むしろ新人などヘッポコ投手を起用し「どうせコントロール無いねんから思い切りド真ん中投げこい」とかの対処のが存外に戦えるのではないかと思います。《窮屈なリードのエース格と結果が同じならこちらのがコストパフォーマンスが高い》:逆説「ノーコン投手を先発させろ」)
 ↑
●時に岡田監督は、自軍の選手が受けるデッドボールに激怒しますが、
私、思うんですが、彼が何故あんなに怒るのかって
「対戦相手にしょっぱいノーコン投手を先発起用されるのが心底嫌だからだと思います」
(フォアボール狙え言うとるのに、初球で当てられてサーセンって、バカにしとんのかと《彼の眼には「四球狙いするんならめんどくさいから初球で当てたる、はいどうぞ」に見えちゃうんでしょう》)


コントロール無い投手言うても、四球連発する投手はダメですよww
「真ん中ならストライク取れることが条件です」

※ですから矢野監督時代に大きく阪神が不調になるのは、ほとんど「投手陣の一部に劇場的な不調が発生した時」でした(青柳てんやわんやや、リリーフの誰か炎上)。
阪神の野手は強力投手陣を背景に成績を出せてますから、投手陣が崩れると自動的に野手も打てなくなるのです(相手が余裕で大胆なリードに切り替わるため《読み難い》)。

●阪神連覇の条件とは、投手陣の整備に尽きるのであり(矢野監督なら温情で湯浅がまだ1軍にいて時々衝撃的炎上とかしていたと思いますww)、そこにスキを見せてはいけない。
これを岡田監督はよくわかっています。
それが今年は若干厳しいんです(正直駒が1枚も2枚も足りてない《切敷の登板過多が心配》)。
シーズンは接戦になると思います。

ここ、他チームファンから言わせると(岩貞は元々故障抱えていたし、石井君が続けて翌年もいいとか疲労が蓄積するリリーフでは酷な話《そこは不思議ではありません》その代わりに苦しい時もあった岩崎が完璧なのだし)、
西純矢は何をしてるんですか?「岡田監督最大の誤算」だと思います。
(きっとヤクルトにおける高橋奎二なんでしょうね〜ww)


posted by kagewari/iwahara at 15:16 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする