ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< July 2024 >>
SA MO TU WE TH FR SA
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(58)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

何やらもう日本保守党が怪しくなってきましたよ(心配です)

2024年06月13日

私は最初から「応援はしてますが支持はしていない」スタンスですが(名古屋の経緯がもう、、)、ナイーブさと言う点で、日本保守党は参政党の神谷君を批判できません。
党首の百田氏はyoutubeのコメント欄ごときで落ち込んじゃったり、有本氏は党首のような発言していたり、東京都知事選においては緑の小池がひょっとすると出馬断念するかも知れなかったのに(※こちらは昨日出馬表明)、メディアの報道を真に受けて「小池氏には勝てないし、金が無い」を理由に早々に擁立を見送り、
資金不足なら党員に激飛ばして「知事選挑戦のため献金要請すべきだった」と思います。そういうことなら一肌脱ぐ党員も少なからず存在する筈です。

政治的センスがやはりね、、、
(この点11億円借金してでも資金を獲得し勝負に出る《その後トンデモですがww》N国党のが一枚上手です《その様子を保守党が”あそこはビジネスだから”と批判する立場にも無いでしょ》)
まさか気が付けば「減税名古屋」になってるとかは無いと思いますが、
■百田氏は腹をくくるべきですよ(支持はしてませんが応援してるのは本当ですからね)。
場合によっては政治に詳しいジャーナリストなどの意見を聞くべきです(作家活動の取材だと思えばいいんです)。
「今からでも遅くはない」と思います。

事の発端は、逮捕されたつばさの党を筆頭に潰しにかかってくるアンチの対応に追われたあたりかと思いますが(『参政党』の惨状見ていれば予見できたと思うのですが)、『参政党』が厳しくなったきっかけが党勢拡大の功労者武田教授との確執にあったことは誰でも御存知だと思いますが、
これを日本保守党に当てはめると飯山あかり氏に他なりません。
彼女の処遇をひとつ間違うと支持者から大きな落胆を招いてしまいます。
政党として走り出して以降は「このような得難いタレントに巡り合った場合、決して失ってはいかんのです」(小泉政権の時にも田中真紀子氏の処遇がどれほど慎重だったか思い出してください)。ある程度の結果が出るまではあらゆる手段で飯山あかり氏と共闘の形を保持しないと、テイクオフのチャンスを失います。

設立してからまだ間が無いのに、ここは正念場ですよ。
(フランスで第一党になりそうな国民連合は党首のマリーヌ・ル・ペンは、確か創立者でもある父親を追放して政党を軌道に乗せたんだったかと記憶してます。どこかの段階で政治的合理性を担保する正念場ってのがあるのでは無いでしょうか。《『参政党』も類似の段階でコケちゃって今それが回復できるかって状況にある》)



posted by kagewari/iwahara at 23:02 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのトラックバック