ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(55)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

みさおとふくまる

Cats In The Sun

人イヌにあう


ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

北海道で工事用(業務用)エアコン民生品が切り札に

2021年08月02日

本来「スポットクーラー」とは工事現場などの業務用設備品ですが、
北海道のようにエアコン設置の無いのが常識化している地域の場合(賃貸ならともかく分譲だとスリーブ開けるにも管理組合の許可いるでしょう)、木造6畳間がせいぜいのウインドウファンというのも能力的にギリギリなとこありますし(窓枠に設置するのも一苦労あります)、
機能的にはエアコンと同じ性能を持つ「スポットクーラー」以外に急場しのぎの方法無かったりします。
(※更に街の電気屋さんではエアコンの在庫が無い状態です)

誰が気が付いたのやら、Amazonなどで(安いものは廃熱ダクトありませんが、、)100V民生品として多数の製品が販売されています。
基本的にキャスター付きの床設置なので、設置は簡単(置くだけ)。
廃熱ダクト付きならそれ用の窓枠桟あるのがベストですが、、、
めんどくさい時には、ちょっと開けてスキマから出すもアリでしょ。
現物確認していないのでわかりませんが、最近のは騒音もかなり抑えめとのこと。

(DIY好きの個人的アイデアとしては、廉価な廃熱ダクト無し機種を購入し、廃熱面を窓に向け《高さ調整の台など起き》、木製の廃熱用断熱壁?をコンパネかなんかで作って《置台に接着》、家具地震倒壊防止突っ張り棒で天井から固定かな。組み立て方式で作れば仕舞うときもかさばらないでしょ。というか「スポットクーラー」だけ片付けて廃熱用の穴を発スチで塞げば冬の窓用断熱壁にもなります。←突っ張り棒固定なら自由に位置ズラせるし、)

サイズから能力心配される方いるかもですが、
どうやら民生品エアコンというのは能力的に最強では無いらしく、性能的にはカーエアコンのがレベル高いらしいです(あのエンジンルームにも入るサイズで走る鉄鍋みたいな車内を冷やすんですから高い能力があってしかるべし)、やる気になればコンパクトに作れる余地のあるものだそうです。

一般的には(上級者編の中段DIY例ではなく)本格的な「廃熱ダクト付き」を推します、
北海道の場合、無駄に広い部屋で生活している世帯が多く(若い新入社員でも1L住もうかだったり)、ちょっとデカイのが床置きなるぐらいどってことありません。
■思うに、北海道の夏が猛暑となるのは恒久的に続くような気がしてます
北海道出身の方で、地元から相談された時には提案されてはいかがでしょう
Amazonで「スポットクーラー 廃熱ダクト」で検索すればぞろぞろ出てきます



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 04:48 | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小音量オーディオの音質はやはりスピーカー能率が大きいかと

2021年07月29日

私が北海道実家で実験的に運用しているオーディオは、それはそれは40年選手のシステムオーディオをベースに「ユニット全部入れ替えSP」+「音源は音楽再生専用ノートPC」という構成です。
帰省した折にはそのオーディオルームを自宅SOHO仕事部屋的に使用しているんですが、
遮音に関しては無問題にしても、深夜に大音量というのも非常識ですし「そういう時間帯は小音量の方が集中力も高まる」ものです。

話はスピーカーユニットの全面入れ替えに戻りますが、
そこはそれ、帰省時にしか使用しない機材なのでパーツの入手は「ヤフオク中心に気ままに集めた構成」なので、狙ってそうしたものではありません。
●で、偶然どんなユニットが集まったのかと言えば
某楽器系メーカーPAスピーカーのホーンツィーター(スペックは公表されていないと思います)
箱のベースは20pフルレンジ系ウーファーだったのですが、
なんとか入りそうってことで、
某英国スピーカー専業メーカーのベースギター用交換用25pフルレンジユニット(非売品、能率は類似するシリーズのカタログから類推すると100db越えの筈です)、
これらをコンデンサーだけの6db/octの2wayで組んだものです。

昭和の真空管アンプでも大音量が出ようかって能率ですが、
いやいや確かに小音量でもレスポンスがいいのです
(最近市販のSPと比較すると同じアンプのボリューム位置で10倍近くデカイ音する能率です=微細信号に対して追随するレスポンスの高さを意味する)
サブウーファーも接続しているので音が細くなりにくい部分もありますが、
日中大音量で鳴らすことが楽しくないとはいいませんが(笑
(腰据えて音楽だけに集中するならヘッドフォンのが上だったりしますし)
夜に高能率SPを小音量で鳴らすのは”なんともいい気分”ですよ、お薦めです。


※楽器用などの高能率SPユニットを正規ルートで狙って買うときには
サウンドハウスで廉価に入手できますよ
https://www.soundhouse.co.jp/




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 13:33 | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマホのコモディティ化(ある動画の話からなるほどと)

2021年06月17日

スマホは(確かアップルも撤退を示唆したことありますね)すっかりコモディティ化してしまい、新発明と言うか新機軸をアピールできなくなりました。同時並行で(これは米国大統領選不正にまで関与したことが大きいと思いますが)スマホにとってのキラーコンテンツであったSNSが怪しくなってきました。
仮にSNSまで没落してくれば、ユーザサイドも「新製品1万以下なら」といったカテゴリ商品に落ち着くのだと思います。

今現在でも画面解像度に関してオーバースペックのスマホ
一部のVR愛好家の方はみなさんご存じですが、
VR動画を再生し(ほぼメガネの位置まで)近づけてみればVR動画再生も可能です。
(それ専用のゴーグルのような器具も廉価に販売されとります)
フライトシミュレーターなどの動画主さんでVRもアップしている方がおりまして
コメント欄に「通勤電車の中でスマホを額に貼り付けるように見ました」という、、
 ↑
はい、この滑稽な図というか、
そういう機能はあるんだが、やっている姿が奇妙過ぎる様は
「何かが間違っている証」です(笑
(昔googleでしたっけ、研究していたメガネ型端末はどうなったのでしょうか)
というか、スマホ自体「メモ帳の電子化」にほかならず、
製品としてのコンセプトはむしろ古いものです。

タブレットPCはipadが一応の到達点に至った気もしますし(winのがイマイチだったことからタブレットPCなる製品それ自体が便利なワケでも無いことも判明)、
●せっかくの無線通信できてナンボのスマホです
マルチモニターというか、本体をモバイルルーター状にして、
「無線電話子機、無線タブレットモニター、無線キーボード、無線プロジェクター、無線グラスモニター、究極の無線コンタクトモニター、などなど各種ギアを有機的に使い分ける総合システムとしての通信機器」になるべきでは、、?
(あーそれだったら、ノートPCが復活するのかな、、)

どうしてそうなっていかないのかが、イマイチ謎なのです
ユーザの方で「あっそうだ」と気が付き、無線イヤフォン・ヘッドフォン利用者が増えてるのが皮肉な話で、いやいやメーカーさんが気が付いてよww
(あの下駄かモナカアイスみたいな形じゃなくちゃいけない理由がまずわからない:液晶画面の素材メーカー規格の事情があるのはわかりますが、、)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 08:46 | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スピーカーのエージングを誤解されている方いるみたいで(ヘッドフォンも)

2021年02月28日

オーディオにおけるエージングとは”慣らし運転”のことです。
オーディオだけに”鳴らし運転”なのかもですが、

スピーカーは素材的にゴムや紙や樹脂や金属で構成されたものですが(ちなみに私は経年変化で必ずボロボロになるウレタンエッジのスピーカーは買いません)、新品状態や放置すれば硬化材料が多く、特にJBLなどスタジオ・PA系のスピーカーなどに見られるクロスエッジ(布にゴム系接着剤のようなダンピング材を塗布した耐用性の高いもの)、モノによっては今でもフィックスドエッジ系のものもあると思いますが(高能率のSPに多い)、いわば業務用ですから爆発的大音量に耐える設計であると同時に「そんぐらい大音量を継続的に流さないと慣らしが完全にいかない」ことも意味します。

※念押しになりますが「そういう意味でウレタンエッジのSPはエージングによる音の変化は少ない」

●一般論では語れませんが、80年代90年代に隆盛を極めた日本のオーディオ家電「バラコン時代」
698だっかな798シリーズと呼ばれる3ウェイのブックシェルフSPが流行し、
素材的にも強烈に高価なものが廉価に販売されたものです。
しかし、オーディオファンからの評判がダントツだったかと言えば違っておりまして、
素材的にはなんじゃこりゃの部分もある英国製20p2ウェイSPが「憧れの名品」のように語られるなど、意味不明な状況となった背景の一部もエージングでした。
 ↓
3ウエイでお馴染みの30pウーファーのエージングは「日本家屋では再生不可能な大音量でようやく」という水準にあったので、購入した「ほぼ全てのユーザにおいて一度も本領発揮することなく廃棄された」側面もあったのです。

(前述説明の”必ず経年変化でボロボロになるウレタンエッジ”普及の原因でもあったと思います。同様の狙いで耐用性のあるものに鹿革エッジというカスタムパーツもありますがまず目にすること無いです。)
(ちなみに昨年30年選手の昭和のシステムオーディオのSPを交換しましたが、フィックスドエッジ系20pウーファーのエッジには劣化ありませんでした。)

●なんと申しましょうか、日本では定番の6畳間のリスニングルームに「そもそも30pウーファーは必要が無い」(これは広さでは無く再生最大音量の意)、なんて落ちだったのです。
てなワケで、オーディオ機器にはエージングと呼ばれる”慣らし運転”は有効で(親切な日本メーカーの一部はそこを見越した生産ラインあるのかもしれませんが)、
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 04:40 | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアコンとサーキュレーターの併用は有効です

2021年02月03日

ざっくりどう配置しているかというと、
エアコン直下にサーキュレーター
エアコンの風向きは(冬場の定番)下目で風は弱、
直下のサーキュレーターは天井向けて静穏微風、
 ↑
だいたいこれであってるみたいです。
天井付近にたまりがちな暖気が回ってる気がしますよ(笑

実際のところは常にサーキュレーター併用しているワケではありませんが(帰宅直後など室温が全体として下がっている時にサーキュレーター回しても冷たい空気が循環するだけなので)、エアコン稼働しばらした後にサーキュレーターかますと効率あがった感じします(実際温度計の上がりもいいです)。


それにしてもDCモーターっていうんでしたっけ、
最近の静穏サーキュレーターの性能には目を見張るものがあります。
「時々つけ忘れていたり、消し忘れたりするぐらい」です。
●勿論ですが冬場に多くなる「洗濯の室内干し」にも大いに有効

今年はコロナ感染症の関係で空気の入れ替え頻繁な方も少なくないと思います。
エアコンの利用も効率重視でいきましょう。

(ちなみに思ったとおりで、細かいDATAは後から出ると思いますが、前回同様にほぼほぼ『緊急事態』と関係無しに陽性数は自然に減衰しましたね。世界的にロックダウンなどとほとんど関係無く流行のピークは2か月以内に収束していますから。官邸は強い関連が無い事わかって《マスコミ対策としてやむなく》延長するのだと思います。)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 23:09 | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恒例の東京ビギナーな方向け「3点ユニットの使い方」

2021年01月21日

etour本店ブログで触れたからって事でも無いのですが、
気が付いた年にはお伝えしてきた「3点ユニットの使い方」です。

ザザーっとにまとめましょう
・3点ユニットとは昭和東京オリンピックのホテル建設時に発明した優れものである
・3点ユニット黄金の使い方原則は
「シャワーカーテンは使わない」「できればトイレカバー等使用しない(ペーパー用なら尚更)」「寒さが気になるならドア少し開けっぱで(ライトもLEDに交換して点けっぱがいいかも)」「ドイツの給水なんとか系の速乾雑巾が基本設備(トイレ側の拭き取りと入浴後の浴槽掃除)」「入浴方法は西洋式に浴槽で浸かりつつ洗う」「合理的な人は出る時トイレもジャバ―っとお湯をかけてトイレ掃除フリー化している(故にカバー装着はあまり好ましくないのです)」
【一番重要なことは、換気扇は24時間稼働であること】
→故に事実上そう設備で謳ってなくても「乾燥室機能が備わっている」

・私自身はユーザでも無いんですが、3点ユニットは独立洗面も兼ねますから(B・T別でも独立洗面はよっぽど高級系になる)、廉価でも設備が充実します
・シャワーバスとして利用乃至通常の排水時にも重要な項目
【100円ショップで容易に入手できる排水溝ゴミ取ネット使用マストである】
3点ユニットの使用で、管理会社マターとなる最大の過失が上記を忘れることです、
「浴槽からの排水で髪の毛を流してしまい、排水トラップを詰まらせる」←コレ

設備でつけておけよってご意見あるかもですが、
なかなかポンと置くだけのネットを置いても紛失含めなんのことかと思われるでしょうし(いえいえ個人的には管理会社が置いとくべきだと思ってるんですよ)、
名目「3点ユニット公式の使い方」とは、
(当然トイレにカバーとかしてない前提で)
建前としては「排水口にゴミ取桟がついてる”トイレ側で身体を洗う”」なんです
(あまりそうやっている人はいないと思われますが、→だったら「あのシャワーカーテンは何なんだよ」って事になりますよねww)
 ↑
とはいえ、公式的には浴槽の排水溝に髪の毛などのゴミは流れないだろうって事になってるんです。

だいたいはこの辺の重要項目(排水口ネット忘れと換気扇忘れ)の誤解から
以下の代表的トラブルが出て
・トイレカバーなどのカビ
・排水溝トラップ詰まり
3点ユニットの不評に繋がっているものに思います。

●その関係から(バスとして利用時にはトイレにもお湯が被る前提)
「トイレの温水便座設置が難しいのは事実」
但しこの辺は、各業者さん工夫して温水便座設置の3点ユニットも増えてきました。
(設置の場合は、電化製品ですから無理にお湯をザッパーン掃除は避けるべきかと、)
半面、後付けで「自分で設置してもいいですか?」はほぼ無理。そこだけは妥協せざるを得ないですね。


などなど書いてきましたが、
個人的にもプロ的にも3点ユニットは優れた設備であり
実際の風評より好まれていい筈の設備代表例です。
(賃貸ベテランの方には3点ユニット好まれる傾向もありますね)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 18:01 | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする