ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(56)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

みさおとふくまる

Cats In The Sun

人イヌにあう


ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

その後のレポート「USB電気ひざ掛け」

2020年02月10日

なんか使い慣れてきたら、
当初のインプレッションより「使えますよこれ」
過去記事では、ダイキンセラムヒートの目盛り100W(厳密には80W)節約できるかもって書きましたが、それは事実のようです。

デスクでカチカチ書き物している時の感触だと、
「確かに弱〜いコタツっぽいわ」
(これがまた強すぎるコタツは苦手な口でして)
●この若干物足りの無いがちょうどいいのか?
めんどくさい時には背もたれに被せておくと椅子暖かい的なww
(断線心配なので全力ではよしかかれませんが)


耐久性的には(パチモンなので)「なんせ作りが想像以上にちゃっちゃい」ので、
2、3シーズンもてばいいかなって部分もありますが、
※電気毛布で定評あるメーカーの高級バージョンならその心配も無いでしょう。

大腿部の動脈温めるとかなり暖かくなるのも事実
電気ケトルほどの衝撃はありませんが、地味な省電力グッズ的にアリだと思います。
やはり足元暖かいのは重要なんですね。


<補足で>
過去レポートで書いてますが最近は100円ショップでもお馴染みの「発砲系素材のジョイントマット(或いはパズルマット)」←タイルカーペットみたいな奴ですよ、
(ほら、元をただせば同素材のお風呂マットって冷たくないようにって製品でしょ)
タバコの火には注意必要ですが、下手な絨毯やカーペットより触感暖かいのでこの点もお忘れなく。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 06:35 | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬だからこそサーキュレーターの活用

2020年02月01日

ちょうど冬季帰省で(実家はえらく天井高いロフト付き平屋だったりする)わかりやすい空間で実験できたのでレポートしようと思います。

誰しもが暖気が天井付近に集まることをなんとかしたいと、エアコンの向きを限界まで下に向けるなど様々な工夫していると思います。
サーキュレーター活用考えている方もいるはいると思うのですが、
「どっからどこに風を向けると効果的なんだ?」この判断が難しい。

■実際どうなの実験してきました
(流石に平場に置いてどうこうしても意味が無いでしょうから)
ロフトの天井付近に設置したサーキュレーターの活用法です、
まず室内容積に対して十分な性能を満たす機種であることが条件になりますが、
テストした機種はamazonなどでもお馴染みのアイリスオーヤマの奴、

1)天井付近から(ソファーのある方向)斜め下向きに放射してみる
これはNGでした、
普通に風が体感されて”寒い”ww

2)天井付近から対抗壁面に向けて若干下向きで放射してみる
確かにこれは効果的でしたが、
手を挙げると(立ち上がると)やはり風を感じるため「それだけロスがあるって事かな」と考える。

3)天井付近から真正面の対抗壁面に向けて放射
これが正解でした、
天井付近の空間で空気圧が高まるみたいな?
不思議な現象が発生、
階下はリビングから元道場まで(昔故人が居合やってたんですよww)
絶妙に温度が均一になりました
※ちなみにサーキュレーターのモードは最弱静穏
 ↑
多分上空に向けない暖気が生活空間の水平方向に循環したのかな?

●実験の暖房熱源は床上設置の蓄熱ストーブなので東京で一般的なエアコンの場合どうなるの?ってアイデア必要になると思うんですが、
エアコンの風圧をほどほどにしてやや下向きに放射
「天井付近(戸棚の上など:落下しないように適切に設置してくださいね)設置のサーキュレーターを任意の対抗面壁面へ水平放射」
 ↑
これが絶対の答えではありませんが、基準となる(且つ体感上風があたってなんかな〜とならない)設置参考になるのではないかと思います。


自宅にもサーキュレーターあるので実験してみたいところですが、
落下の心配無い設置位置が無いんですよっ(部屋が狭いとも言うww)

特にマンションなどで室内上下温度差に悩んでいる方の参考となればと思います。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 00:34 | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

廉価なUSBひざ掛けを実際買ってみました

2020年01月03日

これ、どうかなぁあww
わかりやすく暖かいということは”無い”

細かく言えば他の暖房器具を併用しようと思うときに、
その機材を100Wぐらい節約できる”かも”
(ご存じのようにUSBひざかけの消費電力は凄く小さい)
緩いこたつ的ではありますね。

※実験的には(セラムヒートで)250W省ヒーターだとちと寒いかなと通常なら小330Wに切り替わるところを、250W省ヒーターとUSBひざ掛けで”それに近いっぽくいけるかな”というところ。←この場合だと80Wセーブになりますか。


考えてみれば(比較対象は実家のデスク型こたつですが)
妙にこたつが暖か過ぎる時ありますよね?
表現難しいですが、切ったら寒い・点けたら暑いんだみたいな時ってありますね。
極少に調整するのは難しかったりしますから、そんな時には使えるぞって感じでした。


■実際用途としては(出力オーバー注意ですが)モバイルバッテリーでも稼働できますから、防災用みたいな位置づけも面白いかもです。
ソーラー発電バッテリーセットなどと一緒に保管すればちょっと安心かも知れません。

●バッタもの通販と言えば、いつものことで似たような製品が山ほどズラッと並ぶ感じになりますから、購入の際は自己責任でどうぞww
(人に勧めるなら、値段は張りますが電気毛布メーカーのACコンセント式の方がベターでしょう)

個人的には今シーズン継続して使ってみようかなと思ってますよ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 00:34 | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まだ実際には導入していないんですが(こたつの効用)

2019年12月19日

いつだったかしら
身体の冷えに対して、大腿部に手を当てて温めるだけで体温バランスが改善するって話がありました。最もデカい血管を直接温めることで温かくしようって趣旨だったと思います。

考えてみれば昔の毛糸のパンツなんて代物も現代のスパッツ同様短パンサイズであったのではなかろうか。(試したことありませんがカイロなんてのも太ももに貼ると効果あるんでしょうか、、、)

てなワケで、暖房器具としては室温が上昇するワケでも無いのに長らく特別な地位をたもつ”こたつ”確かにこちらも集中的に下半身を温めることで効果を得ているのでしょう。
同じ趣旨にひざ掛けってありますね。
最近は(省電力電気毛布でお馴染みのメーカーなどから)高性能ひざ掛けも登場しているようです。

若干アレなのは(大量生産であろう電気毛布に比べ)高価であることなんですが、
シングルライフな方にこたつってのもアレでしょww
ここは電気ひざ掛けありじゃないかなと、
●私の記憶が確かなら、エアコン暖房の設定温度「冬は18度19度が効果限界というか消費電力も少ないゾーン」だった筈。
電気料金を割安にと考えるのであれば、
(というか温度設定高めの時の”あの温風が苦手”なんですよ、、)
エアコン設定を18度に固定して省電力電気ひざ掛けアリかな

不動産の定番では
「特にマンションの場合(断熱効率が劣悪)、熱伝導の関係もあるのでエアコンとホットカーペットの併用」を進めるのが業界の定番となっていますが、
ホットカーペットもけっこう電気食うよねってのも事実。
 ↑
単純に足元だけなんとかするのであれば、
過去に紹介した発スチ系のカラーボードをマットのように敷設すればよく、
定番ではありますが、ホットカーペットが絶対ではないでしょう。
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 17:35 | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小ネタ(thinkpadユーザ限定だと思うけど)

2019年12月16日

thinkpadのキーボードがいんだってご意見は有名ですが、
(個人的にはそれほどかなぁとか思っていたりします)
バリバリ文字打ちする人なんかは、外付けでメカニカルなんかも使ってますよね。
私はラッキーだったというか、まだオクにIBMのモデルMが出回っていた時に一台確保しておりまして(さすがに憧れの Space Saver には手が出ませんでしたが←”好きな方へ”ついこないだ31,000で出てましたぜww)

するとアレじゃないスか、
本体のキーボードにカバーかけたくなりますでしょ
全部で有効な方法じゃないと思うんですが、
100円ショップの木製まな板がね、ぴったりだったりするんです。
(どこのが適合するのか忘れたww自分で測ってくださいな)

filcoあたりのショートキーボードだとはみ出しちゃうから上には置けませんが、
メカニカルじゃないけど名品のBTC5100なら置けるよ(笑
(これがBTC5100って経年変化で一部キーが反応しなくなる持病があって、最近は使っていないんですけど個人的にはカチカチ感がモデルMより好きだったりします。←残念ながらその後も細々とBTC使っていた実家でもカチカチ煩いかな?とか思ってサンワサプライあたりのメンブレンになっちゃったけど、、。)

まあ、100円ショップのまな板規格なんてしょっちゅう変わるだろうから全部が使えるってことはあり得ないので、偶然使えたらどうぞって凄くいい加減な情報なんですが(今時X200X220系のオールドユーザーは少ないかな)。

そんなことはともかく、
思い返すと、IBMのモデルM Space Saver なんてのはライターの憧れみたいな存在なってますが、
あれってインジケーターも無いし本来サーバメンテ用のあのサイズですよね。
一体誰が広めたのやら、、
てかさそれほど評判になっていたのだからIBMもインジケーター付けて別売したらよかったのにwww
若い人には一体何の話やらさっぱりの”割とどうでもいい小ネタ”でした。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 18:51 | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間仕切り家具の提案(成功すれば防災家具となる可能性も)

2019年09月06日

以前から推奨していた間仕切り家具、
事の始まりってワケでもありませんが、
その典型例は過去retourで取材した麻布十番の元国会議員宿舎などガチ西欧タイプと思われる設計に観られる「ドーンとワンルームストゥディオをベースに間仕切り家具で」なスタイルです。

これね一見すると
「12帖以上の居室だから必要性があるのでしょ」
などと思われるかも知れませんが、
いえいえ、6帖をコンパクトに二分割することだって場合によっては面白い使い方の提案できる筈なのです(何をどう使い分けるのかってそれは”あなた”が決めることですがww)。

間仕切り家具の定番は「表裏結合した書棚」「裏板無しで前後面同時仕様のディスプレイ棚」この二者でしょう(喫茶店的ローボード仕切りならマガジンラックやフラワーボックスもアリ)。
●そこで考えたのですが、
地震列島のこの日本の場合、間仕切り家具それ自体の倒壊防止機能が重要となるのは言うまでもありませんが、
そこに”強度も加味されたら?”
地震の際にテーブルの下へ隠れる的意味合い同様に、強固な間仕切り家具の影にというだけで「仮に天井が落ちるような被害があっても生存率が高まる」可能性ありますよね。

裏板の無いシースルーなディスプレイ棚ともなれば、強度の確保は更に難しいのですが、
だからこそ、家具デザイナーの腕の見せ所ですよね。
収納家具のスペックとして定番の”耐荷重”、
この耐荷重性能が1トンなどの「防災間仕切り家具」が開発できれば、
間仕切りする用途が無くても、安全のため置きたくなりませんか?
(理想は、しかもその間仕切り家具自体は軽量である)


なんせ前から高い有用性があると考えているもので、
このネタに関しては拘りあるんですよ(笑
インテリアメーカーさんだけでなく、建築系の会社からも提案期待しているのですが。
いっこうに開発されている雰囲気を感じないもので、
折を見ては「間仕切り家具ネタ」書こうと思っていたりします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 22:52 | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする