ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(58)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

ヤクルトの今後を悲観してみるww

2024年04月07日

星君も大西もフォアボールのある投手なので、高津が怒ってるのはわかりますが、「お前ら抑えのチャンスだったのに残念だったな」ぐらいで十分でしょう。
今回はヤクルトファンにしかわからないような話ばかりなので、プロ野球ファン一般の方は冷ややかに見ていただければと思います。

1)村上は古田のyoutube番組にて、やはり思ったとおりに大谷君への憧れから長いバットに取り組んでおり、この時「使い切れなかったら昔のバッティングに戻すだけですから」余裕こいた発言しておりましたが、私は「昔のバットに戻せばパッと戻るようなものじゃネーだろ」と思っておりました。
【その通りになりましたねww】
※現在彼はやっぱり失敗したと、先をくりぬいた昨年までの軽量バットに戻している
(心配したとおりに、不調状態まで再現)

2)アウトローのスライダーがピタピタくるのがカウント球の筈だった石山ですが(昨年はこのスライダーのバラツキでカウント悪くして調子崩した)、これはアウトローへ投げきれないフォームの乱れがあったのだと思ってました(現在彼の球速では往年の真直ぐとフォークでは抑えられない)。単純に抜けて高めに浮くんです。
 と こ ろ が 
何を思ったのか彼は直球の走りを気にしており、キャンプで「もっと荒々しく投げたい」みたいな課題に取り組んでおりまして、「全然違うだろ」思っていたとおりになっております。挙句の果てに、シュートを多投しカウント球のスライダーが使えない状態に、

3)期待の木澤君(友人のマクガフ頼って自主トレ訪米したぐらい熱心)
やたらと左バッター対策に悩んでおり(抑えでもありませんから首脳陣も継投順考えてくれているだろうに)、昨年からずーっと激しくカットボールに拘ってるのであります。
ところが、このカットボールがことごとく左打者に狙われ痛打されているんですが、
意地でも左打者にカットボール投げるものだから、余計に苦しくなっているという、、、
「いやいやシュートピッチャーなんだから、覚えるならチェンジアップかシンカーだろ」

4)清水君と嘉弥真の件は先日記事に書いた通りです
(とにかく腕が振れて無い《真っすぐが垂れてる》、嘉弥真君に至っては左打者が怖がるどころかいつも以上に踏み込んでスライダー一本狙いされてる。清水君は完全な蓄積疲労なので少し休ませたほうがいいと本気で思います。今野君の状態も同じですからね。←1年ファームでくすぶっていた梅野は休養になったのか、中日に行って《打たれてるけどさ》150キロ超える真直ぐバシバシ投げてますから。)

<<<ここから少しポジティブ>>>
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 02:53 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岸田首相解散か?(自分の処分は国民が決めると謎発言)

2024年04月06日

首相は大統領じゃないんだけどな、、、
議員内閣制を何かと間違えちゃったのかしら。
塩屋氏だっけ、岸田首相訴えるみたいな動き見せてますが「気持ちはよくわかります」(いかにも当たり障りの無いスケープゴートだもの)。
政界のことはともかく、一番興味あるのは法務検察ですよ。
(米国の指示云々ありますが、私は一部サボタージュみたいな抵抗もしているんだと思っています《岸田派の立件ほか》)
現状はどうなんでしょうね?満足なのでしょうか。
ちなみにメディア含めて米『民主党』がサブリミナルみたいに推してる上川外相って、皆さんお忘れですか?検察の黒川氏の人事がどうこう安倍首相とまったく関係無い法務検察の人事めぐるなんだかんだありましたが、検察と対立して人事に介入したのはその昔法相だった上川氏で(国際会議がどうしたこうしたで揉めた)、法務検察が敵視していたのはこの人なんです。

外野席から見ていると、なんか面白くなってきたぐらいのものですが(笑
相変わらず岸田氏は食えない人ですよ。
このままじゃ、自分が首相であること以外は何も成し得ない状況が深まるばかり。
「自民党をリベラル左派政党”ザ・宏池会”みたいな形に変貌させて下野したい」と本気で思っているのだろうかと心配になります。

生存本能で足掻いているというが本音だと思いますが、
本当に彼が友人だった安倍氏の公約「戦後レジュームの解体」を成し遂げるのかも知れません。
旧来の自民党の存在もその代表格だったのですから。


posted by kagewari/iwahara at 20:49 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ野球開幕その後(ヤクルト、これは厳しいわ)

2024年04月05日

阪神の状態は予測通りだったのですが、
ヤクルト自慢のリリーフが、想定超えて”整ってきていない”ですね。
リリーフがよければ昨年同様に春先の首位は見えていたのですが、清水のボールがまったくきておらず(キャンプで変化球増やすみたいなこと言ってましたが”去年の不調は直球の走りだろ、、”昨年直球が走らずにフォークのお化けになったのに)、嘉弥真の状態も期待した内容に至らず、これセットアップと左のリリーフ再編せざるを得ないと思います。
この状態は調整でどうにかなるものでは無いと思うんだけど、、
(素人目にはどちらも「腕が振れずに手先で何かしようとしてる」ように見えます)
※今年のオープン戦は各球団主力を早く休ませてましたから終盤に投げるリリーフの状態は正直よくわからなかったんですが、清水の状態はブルペンでも気が付くレベルに思います。

しいて言うならシーズン序盤でよかった
当面は5割維持を目標にするしかないですね。
高津はあーいう人だから(ボールがきてないこと承知で起用してると思う)負けが込むまでは清水の配置転換しないと思うのね。
これはちょっと厳しいね、、、
※てか昨日の清水、バントシフトの時みたいに投げた後マウンドから前に出ていたけどあれは何?

パ・リーグに関しては(ファンは心配してるかもしれませんが)ソフバン盤石かと、
対抗馬はハムかな?
いずれにしてもセ・リーグの今年は混戦でしょうね。
広島の状態はいいにしてもここは森下君の故障で先発が足りない。
抜け出すチームはないと思います(中日もきてますね、頼もしい)

混戦はどのチームにも望むところでしょww

(高津が清水に拘ってヤクルトだけ先に落ちていくのは心配だけど、、《功労者だけに、去年の祖父江みたいに”結果が出るまでは引っ張る”と思うんだよね、、》清水も、悪い時でもなんとかしのぐ岩崎みたいに踏ん張れるだろうか、、)


posted by kagewari/iwahara at 02:52 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静岡県知事のあれは何ですか、

2024年04月03日

JRとの揉め事で勝利したので(リニアを2034年まで伸ばしてやった)、燃え尽き症候群ですか?はたまた「どこぞからいい加減にしろし」きたかな。
まー記者会見が報じられる度に不快にさせられる知事でしたが、
私はあの辞職会見を全く信用していません。
辞めるなら今でしょ、何故6月の議会まで続けるのか?もっと意味わかりません。
いつぞやの失言の時のように、しれっと無かったことにしても驚きません。

県民的にもJRに対し長年思うところあるようなんですが、
それはそれ、それにしても程度の問題ってものがあるでしょう。
(地元有力企業の組織票とも言われてる人物)
個人的にはリニアは技術的開発が実用段階なら、開業はいつでもいいだろう思ってますけどね(笑


知事候補は多くの自治体がそうだと思うんですが、
有権者だけではどうにもならないところがあり、
気が付けば「知名度だけはある落ち目の政治家の天下り先」みたいな扱いで、
はたまた、気が付けば誰だか知らない人が政党推薦で当確だとか、立候補可能な人選も限られてるとこありますよね(なんか民主主義と言えないような、、)。
政治家の人材ってどうすれば伸びてくるんでしょうね。


posted by kagewari/iwahara at 19:40 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京電力が節電チャレンジだったかな、意欲的に取り組みだした

2024年04月01日

なんかアンケートみたいなのがきて、名称代えて継続しますだったかしら
極めて日本的で地味なんだけど、こういう取り組みは評価したい。
(個人的には最近の窓のプチプチ断熱がヒットだったかな《これセットがダイソーで売っていたのね》)

youtubeの小ネタに製紙会社が木材セルロースで新型電池開発とかチラ見しましたが、
とにかく、「高性能バッテリー求む」なんです、
現代における節電の鍵はバッテリーに尽きます。
(素の電池業界においても、《中国に奪われた旧三洋開発》エネループがどれだけエポックメイキングだったことか)
ノートPCの省電力性能が凄いのも、バッテリー駆動を前提としたからで、
仮にホームバッテリーの導入が進めば(ソーラーだけでなく、とっとと原発再稼働して夜間電力割引を復活してください)夜間割引料金で充電して日中の電力を補助することもできます(メリットは電力回線契約をグレードダウンできる)。
自動的に、「ホームバッテリー対応省エネ家電」も続々登場することでしょう。

なんかこうメガヒットする新型バッテリー登場しないスかね
(トヨタの全個体電池はどうなってるのか)
もどかしいやらで、
日本の技術陣のみなさん、頼みますよ



posted by kagewari/iwahara at 18:48 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅麹事件の背後にある「より本質的問題」

2024年03月30日

本来安全とされてる伝統の紅麹菌の話は横に置いておくとして
(この話は小林製薬に限らないのだが)
健康食品などと称して現代でも”悪玉コレステロール”(NHKの造語とも言われる)などいう言葉を使用してる事自体が大問題で(御存知なかったですか?)、
みなさんもググればすぐにわかります。
なんとかギリ健康被害を憂慮するエビデンスを言えば
 ↓
高コレステロール血症について(LDLコレステロールは悪玉?)
https://nomura-clinic.net/2021/10/31/
(一部引用)
動脈硬化の原因となるのは超悪玉といわれる小型のsmall dense LDLコレステロールやこれが活性酸素によって酸化してできた酸化LDLコレステロールなのです。

※つまり「LDL=悪玉は風評であり、迷信のようなもの」
特定条件で”変異したもの”が健康被害の原因ではないかという説があるもので、
タバコの害の話のように(引っ込みがつかなくなったのか)、”著しく量が多ければ”みたいな話で誤魔化すといってはアレですが(この説が広がった当時のエビデンスそのものに後から疑問が見つかったんだかな)「無理やりそういう話を続けている」部分があって、

厚生労働省もこの苦しい言い訳のようなものを追認
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/metabolic/ym-072.html
人間の体内にある脂質のひとつです。一般に悪玉コレステロールと呼ばれています。コレステロールは「あぶら」なので、血液中に流れるために、アポタンパク質とリン脂質で覆ったリポタンパク質という粒子に変化します。このリポタンパク質の一つが、LDL(Low Density Lipoprotein:低比重リポタンパク質)で、肝臓で作られたコレステロールを身体全体へ運ぶ役割をもっています。

数値が通常の範囲であれば問題ないのですが、血液中のLDLコレステロールが増えすぎると血管壁にたまってしまいます。それは活性酸素の影響で酸化して、過酸化脂質となります。蓄積していくと血管が細くなり血栓ができて動脈硬化を進行させ、心筋梗塞や狭心症・脳梗塞などの動脈硬化性疾患を誘発させます。

正確には(比較的中立な見解かなこれ「大塚製薬」)
バランスが大事!コレステロールを上手にコントロールする方法とは
https://www.otsuka.co.jp/cmt/column/nutrition_laboratory/oms/225/
コレステロールと聞くと、肥満や動脈硬化など生活習慣病の原因のように思われがちですが、実は体にとって必要な脂質のひとつ。細胞膜の構成成分となる重要な存在です。また、消化に欠かせない胆汁酸やホルモン(性ホルモンや副腎皮質ホルモン)のほか、ビタミンDを作る材料にもなっています。
<中略>
肝臓で作られたコレステロールを全身に運ぶ働きを持つのが、LDLコレステロール。通常であれば問題のないLDLコレステロールですが、なんらかの理由で増えると健康トラブルの原因となるため、悪玉コレステロールとも呼ばれます。そして、増えすぎたコレステロールを回収したり、血管壁に蓄積されたコレステロールを取り除いたりして肝臓に戻す役目を担うのが、HDLコレステロール(善玉コレステロール)です。
悪玉と聞くと悪者のように思えますが、LDLコレステロールそのものが悪いわけではありません。問題は、両者のバランスが崩れてしまうこと。LDLコレステロールが増えすぎれば血管壁にコレステロールがたまり、血液の通り道が細くなって血栓ができやすくなりますし、逆にHDLコレステロールが少なすぎると細胞膜や血管が弱くなったり、免疫力が低下したりします。

 ↑
■よく読むとわかりますが、「何らかの理由(変異した場合)」が問題であり、
LDLコレステロールそれ自体は健康を保つ大事な必須栄養素のひとつであり、
(これを量だけであたかも問題となる「何らかの理由」発現を論議するのは統計学的にも乱暴すぎる
《タバコ被害のデマDATAの提示や、血圧適正値なる抽象概念めいた話にも非常に似てます》)
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 22:35 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする