ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< January 2022 >>
SA MO TU WE TH FR SA
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(56)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

みさおとふくまる

Cats In The Sun

人イヌにあう


ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

ひょっとしてですが(不動産相場に動きか?)

2022年01月10日

まだなんともなんですが、今現在”始業段階に限った話”として聞いてください。
コロナの不動産相場に対する影響は様々な意見出ていると思いますが、
「オーソドックスに考えれば、需要低下」ですよね?
受験の動向まで変化しているのかまではわかりませんが、就職に関してもいくらか地元優先な傾向が出ていても驚きません。
※弊社の正式調査開始は今週末からなので(他社が出揃うタイミングを見てますから)”ちょっと調べた程度の話”であることをお断わりしておきます。

あくまでも某管理会社さんの話なのですが、
年明け早々に「あれ5月?」みたいな条件変更賃下げ募集の動きがありました。
だいたい中堅大手管理会社さんは、この辺を例年の反響母数などで計算しており(問い合わせ数と成約実数の関係から、成約確率を出す)「ひょっとして昨年10月から年末にかけて異例なほど問い合わせそのものが少なかったのだとうか?」などと思ってしまいました。

一概には言えないことですが、
「そんな情報もある」
”かもしれない”未確認情報的にご理解ください。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 23:04 | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いよいよSONYが車を売るようです(EV車は事実上バッテリー販売)

2022年01月06日

実験でショー向けモデルを作っていたのは知っていましたが、
やはり本気のようです。
ソニーの電気自動車「VISION-S」にSUV。市場投入も本格検討へ
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1378296.html

ブランド力的にも相当高いレベルのコンテンダーになるのではないでしょうか
(米国で言えばテスラ的な)
EV車生産コストの半分近くは”バッテリー”と言われています。
定期メンテナンスでバッテリー換装すると100万超えるとかいろんな話ありますが、
現在注目されているのは、トヨタの全個体電池です、
この新技術も注目ですが(レシプロ志向の方はお怒りかもしれませんが、EVにも今後の発展性はあるのでして)、SONYならどうするのか?注目ですし、何にも増して仮に成功したら「ホンダジェット級の事業拡大」になります。

自動車業界的にもEV車の在り方を試行錯誤している部分ありますから、
SONYが何か斬新なアイデア持ち込むことは歓迎でしょう。
(※そら理想は燃料電池以外で、低コスト発電機能を有するEVですがww)
私はバッテリーメーカーでもあるパナソニックが最初に自動車販売すると思っていましたから、SONYが先ってのは少し以外ではあったのですが、自動車の開発・販売には業界的根回しも必要なんでしょう。

ちょっと楽しみですね
(EV車はスマートグリッドなんとかでしたっけ、災害時の緊急電源としても使える話もあるので”温暖化とは別の論議で”有効性を考える余地もあるようです)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 21:46 | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは不謹慎な論議になるのかもしれませんが、

2022年01月04日

米中対立関係の中(日本も関係者的にど真ん中ですが)
時代は急速に「無人機同士の戦争」が模索されていくことになります。
「昨今、何かというとミサイル」というのも実はその端緒だったのでしょう。

世界を大きく変えるとするなら(中国が優位にあると言われている)特化型AIでは無く、
「汎用型AI」の登場となります。
それが軍事技術研究の中、ゲームチェンジャーとして登場するのではないかと、思うのです。
中国は一人っ子政策、現代米軍は戦死者と世論、自衛隊においては恒久的な人材難、←この素地は双方に広がっており、何も増して(先進国経済が無労働社会を模索しているのと同じ)「軍事紛争において一人も犠牲者が出ない時代」などが仮に登場すれば、前述括弧同様に「それはイコール人類が労働から解放される時代」を意味します。

軍事技術が何故キモになるのかと言えば、
有事において死傷者を極小化することは軍を挙げての総意だからです。
無人化可能な部分は、何にも優先してそれが模索されることになります。
(※それは特攻隊を運用した歴史を持つ日本だからこそでもあるでしょう)
究極「サイバー戦だけで終わってくれたらいい」のですから、

軍事の世界では「領域制圧するためには歩兵による進行が必ず必要」となりますが、
台湾侵攻を考えている解放軍側はともかく、
迎え撃つ日米台湾には中国本土へ上陸する(能力どころか)意思すら【無く】
(そういうことを止めて欲しいだけ)
この点からも台湾海峡有事というテーマが、
「汎用型AI」開発への原動力となる可能性はあります。
そして、この技術こそ高齢者介護の切り札になる。
戦争を防ぐため研究した技術で民生の将来が明るくなるのであれば、それに越したことはありません。政府は集中的に投資するべきです。

五輪終了後からは〜24年の大統領選までの間はかなり緊張感高まるでしょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 15:38 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保守派で環境問題の対応で菅政権の時からお怒りの方へ(裏読みです)

2021年12月29日

かくいう私も武田教授の説を合理的と考えており、
環境変動とCO2には何ら関連性が証明されていないどころか、有名になった国連での論文がエビデンスからして怪しいと理解している派ですので(笑
それは、菅内閣時のポエマー大臣の発言などクラクラしましたが(当時菅氏は意識的に泳がせていたのはないかと思っているんですよ)、

あの菅首相がまんまのこの陰謀論めいた環境問題をそのまま信じているとは思えない。
しかし彼がカーボンニュートラルに舵を切った背景を読んでみようというお話です。

■まず、環境問題のいかがわしさをよく説明してくれている動画がこちら
(いつもの Harano Times さんです)

 ↑
この動画をよーく観てください
(環境活動家がこうばしいのは、それだけでなく南米独裁者系名家なんかも一枚かんでいるなど他にもネタはあるんですがww)
【この話の鍵は】「先進国の温室ガス削減量取引」です
(動画ではこの取引にウォール街が一枚噛んでいるって話でしたね)
 ↓←そこに以下ですよ
【独自】温室ガス削減量取引、COP26で日本が独自案…先進国と新興国の調整役に
https://www.yomiuri.co.jp/world/20211031-OYT1T50008/
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 20:36 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ロシアはウクライナに侵攻しない」

2021年12月27日

<今回は若干陰謀論的な話となっております>

この世に絶対はありませんが、ロシアのウクライナ侵攻ネタが「フェイクニュース」なのは明らかです(今回はWPかな←「沖〇イが、米軍批判の記事を書いた」と同じ意味)。

以前から”事実上のロシア連邦サイド”は(伝統的民主政治の民度が無いこともあり)、●2020年米大統領選のような工作が頻繁に行われており(某ウォール街をスポンサーにした”民主派”を自称する左翼勢力による国際的干渉)、時々登場するロシア民主派というのはそういう”ひも付き”政治団体だったりします。
それでもウクライナの政変にはちょっと無理があったため、
ポーランドあたりから武装民兵を突入させ(ネオナチの噂も)、スナイパーライフルによる武装したデモ隊クーデターにより政権を奪取しました(ここは若干韓国の朴政権追放に類似:何故か文政権は軍事予算を大増額します《日本向けにww》)。

お約束で、ウクライナ(ここは巨大な事実上ロシア連邦の兵器開発担当国であり)軍事技術が中国や北朝鮮に流出することになります(何故か一部の国際的ナントカなところが儲かる方向へ)。
※ちなみにクリミア半島は日本の千島列島のようなもので、元々がロシアの領土で住人もほぼ全員ロシア人であったためウクライナから独立し、ロシアに編入されます(これをロシアの軍事介入として西側は非難し経済制裁を実施)。

※あまり大きな声では言えませんが、日本の某保守系ナントカにウクライナのホニャララなスポークスマンのような人物がおりますが、この保守系ナントカにはNYの何々系が背後にちらついておりまして(同様現象は日本の保守系において”そこだけの話ではありません”:彼らに共通しているのが2020米大統領選に不正は無かった論、不正があったと言う陰謀論は妄想家だという《左翼活動家と何故か共通する》批判です)、点を繋ぐと今回の話を裏打ちする情報になります。

●ウクライナ国内では(そもそもソ連時代同じ国扱いであったため)大量のロシア人居住州があり(住人ほとんどロシア人みたいな)、ウクライナ軍はここを軍事攻撃します。
ロシア人大量虐殺であるとか(ドンバス地方)、ウクライナ新政府は「公用語からロシア語の廃止」など無理のある政策をブチ上げ(そんな事をすれば言語を失う地方も出る可能性がある)、内戦状態に。
これに憂慮したロシアは、(正面対決を避けるため)民間の傭兵や予備役兵と思われる兵団を”民兵”としてロシア人居住区の防衛に派遣、現在ロシア人居住区州軍となり、ウクライナ軍との戦闘行為が継続中です(ウクライナ軍は再三の西欧諸国の停戦協定を無視)。
●勿論ですが、当初からウクライナ政変の狙いは「ロシアを引っ張り出すこと」です。
あわよくば軍事紛争を引き起こし、ロシア軍とNATO軍を戦わせるのが目的です。
(米ロ会談で、バイデンはこの紛争に米軍は介入しないことを約束←アレレ、、ここもWW2前と似てますね、、)
 ↑
答えは出てますよね?
ロシアがウクライナに軍事介入したら、プーチン大統領的には「その策謀にまんまとハメられたことになります」(なので軍事侵攻する筈が無い)のです。

<但し性外事項>

現在のウクライナ政府の動向や、そもそもがウクライナ市民の本音、西側NATO諸国の本音は(工作されている側の目的など知りませんから)プロパガンダを真に受けた一部を例外に、
「ロシアに対する民主化運動だと勘違いしている」ワケで、
(プーチン側は、メディア工作や国際的陰謀論含む「超限戦」として、リアルウォーが既に仕掛けられていると判断してますから。)
「オマエラさ、宣戦布告していることわかってる?」を示すため(ニュースの報道では無く”起きてることをそのまま見ろ”)、ウクライナ国境付近に軍事力を集結させたというワケです。

しかし、あまりにも状況に変化が無い場合、
■「ドイツは、第二次世界大戦時の英国がポーランドにさせたような挑発役をウクライナにやらせたいのか?」を理解させるため(独露戦けし掛けられていることわかってる?)意識的にロシア軍をドンバス防衛に侵攻させる可能性は0ではありません。
「俺はトランプとは違うよ(そこもわかってる?)」と、
(※その前にロシアはEU向けのパイプラインを閉じるでしょうけれど)
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 15:42 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さらに続く岸田流(絶対ワザとだってば←と思う)

2021年12月21日

個人的意見です
ここで言う「岸田流」とは、
予めダメだとわかっている人材などをあえて持ち上げ”その気にさせて”起用し、それみたことかと評判を落としてからの「残念だけど」と(正面から関係悪化する事無く)ダメを押す手法です。

この手法で潰されたのが(或いはその予定含む)
・甘利幹事長、
・石原伸晃、
・林外相、
・福田総務会長
・茂木幹事長(ウイグル決議見送りの戦犯として炎上中)
・誰だっったかワクチン担当(河野太郎激怒報道ほか、国会答弁でも炎上中)
・木原誠二官房副長官(不倫疑惑で文春砲も用意されているという噂)

現在岸田政権は(安倍菅路線じゃないよのポーズで)うまいこと左翼マスコミを釣って支持率上昇気配ですが、なんかこう(次の内閣改造を予感させるような)謀略とまで言いませんが、宏池会内部の跡目をめぐるウルサイところや(はたまた反安倍とか)大宏池会を匂わせるところを(あえて目立った起用することで)潰してる気がするんですよ(勿論財務省系も)。
(大事なことなのでもう一度言いますが、自分の支持率を下げることなくそれを実現している。)

「親中系が潰されたとはいえないのではないか?」なご意見あるかもですが、
例の(菅Gの)松下新平ハニートラップ事件だけでなく(菅派立ち上げの時には注意してね)、
大々的に表面化することで、【米国に対して、とてもわかりやすくなってますよね】
特にハニートラップ事件なんて(こちらは文春砲)意図的って言うか、(みんな知ってたんでしょうけど)「ちょっとこれなんとかして」って動きがあったんだろうなと、
木原誠二氏の不倫疑惑なんてのも”リークの予感”がありありですw

はたして、それは無意識なのか、読み切った策謀なのかわかりませんが、
●菅内閣の柿崎氏補佐官起用に匹敵する「あれれ、ちょっと怖いかも」な感じするんですよ。
(あまり報道されてない気がしますが、その裏で長らく休眠状態だった「衆院憲法審査会」がよくやく実質審議に
なんだか面白いことになってきてますよ、、




posted by kagewari/iwahara at 18:36 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする