ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< December 2022 >>
SA MO TU WE TH FR SA
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(57)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

みさおとふくまる

Cats In The Sun

人イヌにあう


ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

よくいう欧米の”分断”の本質(どうしたって心理学になりますが)

2022年11月04日

本来このブログはあまり心理学メインではないのですが、
先日記事でも書いたブラジル大統領選のその後など(メディアではトンチキな報道しているようですが)米大統領選以降世に知られるようになった社会的対立構造の背景は『共同幻想』の崩壊です。
※『共同幻想』とは吉本隆明が提唱した集団心理の総称で、極端に言えば言語や通貨も『共同幻想』です(そうだねと認識を多数が共有することで成立する概念)

昔は大本営発表のような「こういうものだよね」や「こうだからわかりましたか」みたいな概念に、まだまだ教育なんて公的制度が整備される前は、「ですよね」と”適応”することで社会性を醸成してきたワケですが(欧米で言えば古くは教会権力、日本では世間様教という村社会秩序)、
●大学進学率が6割超えるなどとなれば(そもそも大学の元祖が宗教系神学校だったりするのですから)社会を束ねる概念として広報された「こういうものだよね」の大元がどうしてなのか市井の庶民も知ることになります(ルターの宗教改革の目玉は『聖書』の出版です)。

つまり『共同幻想』による全体主義的な社会性は先進国化するなかで自然崩壊します。
(古い同調圧力話法の「そうだよね」の過半が、現代社会ではハラスメントとされ、コンプライアンス要件になっておりまして)
●個性化の時代の台頭です(各人が公的概念を個人でどうなのか判断する時代)
経済学的に言えば、仮想通貨の登場などがまさにそれで(通貨という『共同幻想』も権力から分離するのかという)、

■さて現代の個性化の時代だからといって、特別何かが変化するのではありません。
宗教性だって伝統文化として残り続けます(個人で葬儀のなんとやらを考えるとかあまり聞きませんよね《確かに散骨などそれを個人ベースに置き換える流れもありますが》)。
地域性含めて、「この辺の社会秩序は」って英国のコモンセンスに相当する慣習法やその背景事情ってのも話を聞けば(そうだよねでは無くて)「なるほどそういうことなの」と理解が及ぶ。
所詮人の考えることですから、保守的結論と大きく違わないこともあるんです。
 ↑
そこに台頭したのが、(陰謀論ではなくて言葉の意味そのままの)ネオ・コンサバティブ
私は”確信犯的保守”とか”再選択者”とか呼んでますが、
人格の全部じゃありませんが、公共セクター的部分を「なるほどそういうことなの保守選択」する個性化した現代の個人が増えることになります(勿論その一部には米リバタリアン的な自由原理主義派など例外事項も含むですが、社会的流れは同じものです)。
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 19:07 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシアがウクライナのインフラを攻撃しているのは(あー見えて人道上の配慮)

2022年11月02日

ロシアは精密攻撃を主張していますが、ロシア軍の兵器は西側ほど精密ではありませんから(西側と言っても米軍もイスラエルも時々誤爆してますね)間違うとウクライナの民間人に多くの死傷者が出てしまいます。ロシア国内にはウクライナに親戚がいる住民が非常に多数いるため、ロシアは本気で民間人の犠牲を少なくしようと作戦を立てており(ロシア国内世論的にも)、苦肉の策としてウクライナ世論などの交戦意欲を割くためインフラを狙っているのだと思います(欧米の武器支援では解決できない事項でもある)。
確かに訓練含めて、ウクライナ軍の継戦能力にも関わるところもあると思いますが。

※真偽のほどはわかりませんが、一部に愛国者を自称する反ゼレンスキーの動きもあり
(プロパガンダだとしても、その動きを誘発させたいという意味になります)

■チェコでは大規模な反政府デモが起きています
チェコ首都で反政権デモ、物価上昇とウクライナ優先に抗議
https://news.yahoo.co.jp/articles/3262fd19bd7a332e627d75b3e99a333204268e00

親「米『民主党』系」論者が主張していた「ロシアが来月にも負ける話」ですが、
実際のところ、ウクライナの戦況は膠着状態です。

ブラジルがまた、「ボルソナロの負けを認めない」でトランプの時以上の騒ぎになっておりまして(ボルソナロ支持のデモ隊に警察が”署をあげて参加”しており、軍にも参加を呼び掛けている)、
南米の民主主義はまた豪快ですね。
ブラジルの大統領選挙の状況には詳しくないので、不正の有無はわかりませんが、あまりにも僅差であり(米の州選挙における再集計などで覆る程度の票差)、これも揉めそうですね。

●流れとして「コロナの騒ぎが収まったらウクライナ紛争始まりました」という動きになっており
合わせ技で欧州経済が大変なことになってます(英国の首相交代もそこ関連ですね)
11月の米中間選挙では、反バイデン政権の『共和党』が圧勝することが予想されており、
中国共産党内部の権力闘争もこのままでは終わりそうにありません。
国際情勢はカオス状態になりそうです。


posted by kagewari/iwahara at 20:37 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本シリーズオマケ 150キロ時代の打撃フォームについて

山田選手のように大きく足をあげて反動付けてタイミング取る選手たちが、ここ数年低打率に悩みセ・パともに3割打者が大幅減した件で(MLBに移籍した強打者が軒並み成績を落とす現象と同じ《大谷君だけは例外》)、それでも首位打者や実質首位打者(ハムの松本剛や中日大島)3割まではあまり苦労していないDeNA佐野などは構えから打撃までまったく動いておらず、
類似する別のパターンは足は上げるが高さは低く一発でタイミング取る雰囲気のDeNA宮崎選手系かなと(ホームラン王の山川や村上もこちら系かもしれません)。


■プロ野球ファン以外の方には意味わからなかったかも知れません

●ヤクルト山田君の形って、
剣道で言えば大きく上段に構える奴なんだと思います
(打ちこむとき大きく足を上げるのも同じ)
(素早く小手を狙うつばぜり合いの中段構えの静止とは違う)
もっと素早い動作といえば「居合抜き」←大きく上段に構えるとかはまずやりません
(”それはやり過ぎだと思う、、”ってのはSBの三森選手「打者もクイックって、、」)野球のスイングが胴狙いの打ち込みと同じなのかは微妙なところあると思いますが

150キロ超える速球の内角攻めは、
「対戦相手が猛烈な速さで有名な剣士で、得意な小手や突き狙いで音なしの構え」みたいな感じかと思います(最近はワインドアップも少なく、クイックで投げてくる時もあります《特に新庄監督は全投手にこれ求めてます》)、
この相手に「大きく上段に構えてまず一手受けることは”あまり無い”」ですよね
※落合の神主打法はあー見えて、剣道でいうオーソドックな中段構えだと思います

こういうことじゃないかしら



posted by kagewari/iwahara at 19:49 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『日本シリーズ第七戦』「MVPとか言ってたらエラーしたでござる」

2022年10月30日

まあね、エラー無ければ勝っていたとかそういう話じゃないわなw
(オスナ君も昨日打ってくれたらと思うところです)
ある意味、村上君もホームラン狙ってる場合じゃなかったことがわかったのではないかな。
屈辱のナントカになりましたが、ナインは楽勝で勝てると思っていたと思うのね(評論家筋は違ったと思うけどヤクルトナインは自信あった筈)、慢心とは言わないけど、やぱ「(全球団通じてですが)投内連携が不足していると思う」言ったでしょ。

最後は少し面白くなったので、詰め掛けてくれたお客さんに少しはいいとこ見せられたからよかったですよ(仮に今日勝ってもマクガフ問題が解決するでなしだから)。
しょっぱい試合も多かったけども、なかなか面白い日本シリーズでした。
オリックスに負けたとは思いませんが(いろんな意味で)、短期決戦の難しさが出ましたね。

うーん、どことは言いませんが「高津の負け」でしょう
(いろいろ言わないでおくのも野村の系譜高津流なので、それでいいと思います)
来年勝てばって話じゃ無いと思いますが、
少なくとも来期優勝がノルマになるようなテンション保てるじゃん。
山田はWBCもあるんだし、投手150キロ時代のバッティング改造本気で取り組むチャンスです。
(今のタイミング取り方だと差し込まれ続ける気がする《150だけではなくて最近の投手はクイックも入れてきますから》)

「残念でした、また来年」ってことで、
若手には(秋季キャンプあるのか知らんけど)もう一段の底上げ頑張ってもらいましょう(応援してますよっ)


posted by kagewari/iwahara at 22:53 | TrackBack(0) | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『日本シリーズ第六戦』「ライアン好投も、1安打ってあなた」

2022年10月29日

<追記:後から思いついた→「もし第八戦あるとするならマクガフを先発させよう」>

あららというか、何回だかムーチョ中村の当たりは普通ヒットだろ
(シーズン中ならサンタナもホームランだったかな)
運が無いと言ってはそれまでですが、
マクガフは完全イップスに入ったね(イップスに関しては直前記事参照ください)
彼は元々フィールデングがアンダースローなので動作は早いんだけど不安定なとこあるんだわ(キャンプで直しておけばよかったねw)
投球内容では無く、守備的に抑えはちょっと無理かな、、
但し追い込まれて、明日勝つにしても打って大差じゃないと無理そうなのでマクガフの件は今日確認できてよかったということでいんじゃないかしら。

しかし打てませんな(というか正面ついているので仕方ないんだけど)、
シリーズ直前の展望で「ライアン小川のふざけたスローボールが投げられるか」ポイントにあげていたので、今回はどんどん投げてましたから(普段取りに戻った《残念ながら次の登板はもう無いけど》)、初戦よりよかったですね。
久保君も内容いいんで、来年は中継ぎの起用増えるね。

打たれた気もしませんが、そんなことはともかく、
1安打ではどうにもならんわ、
ライアン小川のファールが一番いいあたりだったんじゃネーのかな、、。
明日は投げたがりのサイスニードに頑張ってもらいましょう(この前も交代させられて相当悔しがっていたから)。
負けたら終わりなんで、案外気楽にいけんじゃないかしら(どんどん真っ直ぐ投げたらいいよ)、

先日の吉田正尚のホームラン以外は総じてしょっぱいゲームが続いてますね
「あーこれはどこかで見た風景だ」と思ったら、
対戦カードで負け越してる中日ドラゴンズとやってる時のようです
(ローテの関係で主力投手が続く時のドラゴンズは苦手なんだわ、ま〜オリックスの安達にどことなく似ているマスター阿部ちゃんにことごとく右に打たれて、しょっぱいゲーム内容で負ける。)
少し嫌な予感してきたぞ、、、これはヤバイかも(笑



posted by kagewari/iwahara at 22:08 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『日本シリーズ』「第五戦関連のスポーツメンタルについて」

2022年10月28日

マクガフともあろうものがビビったとは思いませんが(あーいう打たれ方を広島カープにやられたことあるんですよ《基本マクガフは左打者ホームラン狙いで対峙してくるのが苦手なんです:あてに来るタイプは大丈夫なんですが、、》だからあれほど吉田にはカットボールにしておけと、、)、
「打たれたらどうしようなどの意識から失敗する時の心理」を一般的には十分に理解されていない場合があるので補足してみようと思います。

実はこの話何年も前に(どちらのブログに書いたか忘れましたけど)
「阪神時代の今岡選手」で説明しているんです。
御存知打点の日本記録保有者である大打者今岡選手は、野村監督時代(メンタルがあられもない方向いきまして《どうしてもノムと合わせなかった》)「その類まれな技術で、塁がランナーで埋まっている時に確実に(打率3割以上の確率で)ゲッツーを打つ芸当を見せました」。
投手における失投にも類似したことよくありますよね、
「ホームランだけはって時に、よりによってホームランバッターに吸い込まれるような甘い球が」
 ↑
これはですね、能力で(無意識に)狙ってホームランボール投げてるんです。
(今岡選手と同じ《技術がなければあんな天文学的確率でゲッツーは打てません》)

■人間の心理で(不安こそ最悪ですから)「いっそダメならダメの結果が早く出て楽になりたい」ってのがあるんです(不安状態の時に既に凡打した後や打たれた後の不快感が先行して発生しておりそれに応じて脳内物質も出てます)。
脳は再現確率の高い『興奮』を求めますから、
そこで失敗することが技術的に楽であることが条件になりますが(典型は守備のエラー)、
無意識に悪い方を選択したプレーを意図的に行ってしまうんです(ゴルフのパッティングにおけるイップス)。
 ↑
よからぬことを考えるなってこういう意味で
(最悪のケースを想定するのはむしろいい事なので問題無いのですが、その場で失敗した場合の『興奮』を先行して体験しちまうのがヤバイんです。←なかなか難しいでよね《わかります》)
今岡選手の場合、どんな状況どんな球種でも狙って内野ゴロを打つのは容易なので「ゲッツーやらかす状況も容易に想像できてしまった」というお話。
(投手の場合も、外角低め狙った球がかかりが悪くて真ん中高めに浮く経験は「誰にでも頻繁にあるので容易に想像できますし再現性も楽」)

●コーチがマウンドに行って確かめるべきなのは「あっ、お前既に体感しちゃってるだろ」であって(コイツ失敗時の先行体験してるなって時には可能なら交代するべき)、交代できない時には「なんだもう打たれちゃってんのかさ〜、お前何やってくれてんだよ」と話を先まで展開して「何言ってんですかまだ打たれてません」と言わせてみるとか(「なんだ打たれるのはこれからか?」など)→別の意味でマウンド上で「不条理空間」発生してしまうと思いますが(笑
《裏狙いで「打たれちゃうの?打たれるのは仕方がないけど、あまり酷い打たれ方は勘弁してくれ」言ってみるなど(打たれるにしても不可抗力の範囲でねのメッセージを投手の自我をスルーして直接脳に送る)》


あーそうそう、ですから素人が綱渡りすると必ず落ちるのは「自ら落ちてるんです」
(何故かうわぁとかキャーとか悲鳴上げる余裕がある)

何かいい方法はって、、
どうでしょうね(スポーツメンタル系は知見が無いのでアバウトになっちゃいますが)
 それこそサーカスの綱渡り名人に話を聞くのが早いと思いますが、
「全く関係の無い、アホみたいな歌を歌う」ってのはどうでしょうか?
(自分で自分の気を逸らすww)
「パーパラパラッパ、ランランラン、今日のご飯はジビエです〜妻が狩りした哀れなウサギが♪」
バシッと外角低めへストラーー―イク!!
(しかし一度これで成功すると、脳的に外角低め狙う時には同じ歌を歌わないといけなくなりますから、三塁伊原コーチに速攻球種がバレますけど、、)



posted by kagewari/iwahara at 21:08 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする