ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< September 2021 >>
SA MO TU WE TH FR SA
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(56)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

みさおとふくまる

Cats In The Sun

人イヌにあう


ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

コンビニ業界に宅配サービスの動き

2021年08月27日

高齢者向けという意味なのでしょうか(コンビニが更にコンビニエンス?)
コンビニ業界でも宅配の動きがあるようです、
というか、これって、
宅急便業者のセンター拠点化(コンビに受け取り)〜の宅配を予見してませんか?
【将来的に規格を整えた機材を置けば、無人自動配達・受け取りBOX】→乃至希望する場合はコンビニからの宅配

実際どこまで拡大するのかわからないので、まだ詳しいことはわかりませんが、
流石の「自動運転自動宅配」でも、
「私道の先の置き配バッグに入れる」←これは高度過ぎます
●なんらかの中継拠点がある方がいいですよね
(個人的には郵便局の局留めや駅施設が有力候補に思っていたのですが)

仮にコンビニ業界がそう思っていなくても、
宅配業界が逃さないでしょう
「お話伺わせていただけませんか」的に、
誰かの負担が拡大する事無く便利になるのは好ましいですから、
(そういう意味で現状のセルフレジシステムは、、誰がGUIの設計したのかちょっと違う気が、、)

今後の動きに期待しましょう


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 18:42 | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菅政権、政界の一部で噂があるとも聞くウルトラCは実在するか?

2021年08月24日

ウルトラCって(体操F難度もある現代)どんな意味って話かもしれませんが、、
政界の一部に続投を狙う菅首相が、プレスリリース他政策発信などの難点を回復するため(言えば官邸に説明上手がいないってこと)密かに手を考えているという噂があります。

何の話でしょうね
(流石に東京都知事橋下徹氏擁立の噂では無いと思うんですが、、、IRの腰が折れたため)

昨今二階幹事長の失点で(ウイグル非難決議)、この責任を菅政権を追及する形でとばっちり的に保守陣営から追い込まれる形になってしまい、小池知事絡みのブラフに対抗するため高市早苗氏擁立の動きまで見えてますが(これは小池二階ラインの噂に対する火消しでしょう)、
「わかりやすい指導力の発揮」が行われるのであれば、自然に菅首相続投になるでしょうから、
何か目立つことぶち上げないと意味がありません。
●官邸は現在のCOVID19の”波”がどの程度で収束するのか計算済みだと思われますから(多分既にピークは打ったでしょう)、鎮静化が見られるタイミングを見計らって何かの発表があると思います。
<携帯料金値下げ時のようなインパクトを予定しているの意と思いますが、、>
・それは補正予算を前に給付金などの大型政策か
・西村大臣の更迭か(といっても誰を起用するって、、ここに『橋下徹氏』か?)
・噂されていたシオノギ製薬ワクチンと治療薬の同時発表か
・COVID19感染症5類へ降格の宣言か、

デルタ株による現状を政府の責任にしてゴリ押しの批判を続けるマスメディアが
「どうしても報道せざるを得ないネタ」でなければなりません。
(個人的にはピークを打っており無視でもいいと思うんですが、、、むしろ逆に政策に関連付けて説明するのかな?)
いずれにしても、
「何かやるらしい」とのことなので期待して待ちたいと思いますが、
まさかの(打つ手無く)退陣に追い込まれるのか、、ギリギリのとこみたいですよ。

(高市早苗氏については《私も以前から期待してる人材ですが》、今回の動きで十分名を上げたので《首相候補本命で温存すべきでは?》、推薦人次第でしょうね、、、菅首相再選の場合にも今回の事から有力閣僚《外相など》に指名される確率高くなったと思います。)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 17:51 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりの中銀カプセルタワー(動画で報道されましたよ)


地上波メディアのネットニュースに珍しい取材映像があがってました
興味のある方は是非
(アーカイブは削除される可能性あるので視聴はお早めに)

古くて新しい形 次代へ
https://youtu.be/1G0n7phc-f8




ちなみに中銀の過去記事はこちら
『retou&Rtour』の方です
https://retour.seesaa.net/article/9186647.html
また、ビンテージマンション系のカテゴリである
東京建築日和”Teorema”
https://kagewari-retour.seesaa.net/category/8585754-1.html
ブログのセキュリティー設定変更時かもしれないのですが、
かなり多数の画像が表示されていないことに昨日気が付きまして、
徹夜体制で復旧させました、ご不便かけていた方いらしたらゴメンナサイです



posted by kagewari/iwahara at 11:47 | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフガニスタンにおける米民主党の動きはドル高狙いか?

2021年08月18日

確証はありませんが「有事のドル、円です」
アフガニスタンからの撤退スケジュールはトランプ時代から決定していましたが、本来はタリバンとも協定を結んでおりその動きを監視しつつというものでした。
今回情報機関や軍から一定兵力の温存含めスケジュール感の調整を具申されたようですが、バイデンはこれを無視し「ま、いいから」みたいな調子だったようです。
ブリンケンからも3か月はもつとか言われていたので勘違いした可能性もありますが、、
いずれにしても、トランプの政策をことごとくひっくり返してきた米民主党がトランプ以上にそっけなく撤退を進めた背景にはウォール街の判断があるでしょうから、
「何だろ」って、(最近金利が上昇しているとか言われてたので)
ドル高狙いと、対中けん制ぐらいしか思いつきません(ウォール街がつるんでるのは反習近平派である上海閥江沢民派でしょ)。

一部では中国がずっと前からタリバンと交渉しており、真っ先に正式に政府として認める動きを見せているじゃないか?と報道もされていると思いますが、
中国がビビってるのは、アフガニスタンに東トルキスタン解放武装勢力がいるためです。
(言えば”ウイグル解放戦線”みたいな存在)
篠原情報によると、アフガンでの勢力は決して大きく無いが(トルコのウイグル人難民による武装勢力)トルコの外人部隊的に現在シリアでも戦闘中とのことで合流すれば洒落にならない存在であり、アフガニスタンって回廊のような国境で中国ウイグルと接してますから。
(※東”トルキ”スタンとあるように、ウイグル人はトルコ系民族です)
中国はこの東トルキスタン解放武装勢力の抑え込みを条件にタリバンの支援を伝えたと言われてます。
※あまり報道されていませんが、先日唐突に習近平がチベットかウイグルだかを訪問しており、これは担当軍区の引き締めとも言われてます。

※確か昨年この武装勢力を探りにきた中国人がアフガン政府にスパイとして逮捕されていた筈

●ある意味中国にとって(決して攻めてくることの無い)台湾問題などより、危険性としてははるかにウイグル・チベット(アフガン国境・インド国境)のがハイリスクであり、だからこそ”ジェノサイド”とも言われるトンデモ弾圧をウイグルでやっているワケで(香港などの比じゃありません)、
シリアや昔のイラクみたいな左翼バース党の中東諸国ならまだしも、中国はイスラム原理主義派と接点あるとは思えず(だってウイグルでやってことがやってることですから)、せいぜい金でどうにかなる部分に手を広げるぐらいでしょう(むしり取られるだけだろという意見もある)。
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 04:37 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テレワーク自宅SOHOはもっと真剣に論議されるべき

2021年08月16日

それを感染症対策であるかのごとく中途半端にするからいかんのです。
このブログでは再三指摘していることですが、
「働き方改革の一環として(IT化)」生産性向上のベクトルで徹底すべきであり、
事務所経費の節約や場合によっては通勤交通費の節約も可能かもしれず、
経団連などが促進しないことの方がむしろどうかしているのであり、
(これがまた動画のweb会議みたいな必要性全く無いものを推進してみたり、勘弁してくださいよ、、、連絡はメールで十分でしょ。リアルタイムの討議が必要ならチャットがあるでしょうに、、何故TV会議みたいな話になるんですか、、、離れた家族の通話じゃないんだから「寂しいの?」)
 ↑
そもそもね、無駄な会議の必要性から論議したらいんです。
●言うまでも無く、その先には「管理職のAI化」が視野に入り、
人事構造そのものを考えるいい機会なんです。
(不動産関連のwebサイト運営者も、自宅SOHO拡張につき電話対応を停止しますなどの告知が表明されてます←それでいんです:将来的には直接の電話対応はAI化する可能性高いんだし、、既にコールセンターのかなりのパートは自動音声対応の時代なってるじゃないですか。)

何故やらない?、、、意味がわからない。

●そりゃ中には著しくレスポンスの遅い社員がいるなど面倒なこともあるのかもしれませんが、
(認めます、事実これは起きる)
関連する技術導入でどうにでもなるでしょ。
コアタイムは位置情報をONにするだとか、工夫できることはなんぼでもあるでしょ。

そら将来ポストがなくなるかもしれない管理職が、テレワーク自宅SOHOにサボタージュする気持ちも理解しますが(管理職から戦略立案職みたいなものに名称も業務も変わると思います)、
そういう問題じゃないでしょ(それは将来の話なんだし)。
大企業が率先してこの導入を進めることでその競争を他業者に拡大していただきたい。
(実際の話、面白いアイデアなんてOFFタイムに出るものでしょ?→類似した環境となる自宅SOHOのが結果業務そのものの発展性にも寄与すると思うんですが、、。)

てかこの話を感染症対策みたいに矮小化させている張本人が、
西村大臣(経済再生担特命)な気がするのがね、、、

(本体である経産大臣の梶山さんは何してんの?←全く存在感が無いんだけど)



posted by kagewari/iwahara at 15:43 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アバウトな不動産売買相場の動向予測

2021年08月12日

一部統計情報によると、
需要減から利回りが低下しているのにも関わらず、開発の遅れによる供給不足から中古マンションの価格に上昇が見られる(余計に利回りが低下)という報道も耳にしますが、
HPメンテナンスで定期的に売買DATAもさらっと追跡してますが、
「あまりそういう感覚はありません」
ひょっとして、築浅の高額価格帯MSに見られる動向なのかもしれません。

いずれにしても投資運用などを検討されている方は、
中国が不動産取引規制を始めた件ご存じだと思います。
(金融引き締めと、購入を許可制に移行)
中国のことですから、全力で表向きの価格暴落を隠すことになるでしょうが(株価暴落時に取引そのものを禁止する手法に類することをやるだろうと思います:事実売買の許可制導入にはその意図もあるでしょう)、潜在的にバブル崩壊大暴落が事実上確定する形になり、
「すわ日本へ不動産投資資金が流入するか」とお考えの方いるかもですが、

北京政府は今「パスポートの発行規制」も開始しています、
表向きは感染症対策となっているようですが、
実態としては「外貨流出の抑制」という観測もあるようです。
つまり、
日本の不動産動向には「全く影響しない」と思いますね。

■現在の日本の不動産動向は「菅政権の行方」で決まる部分あります
以前から指摘していることですが、
「可能な企業は全力でテレワーク自宅SOHOを導入する」という方向は、感染症対策から”働き方改革”の一環としても推し進められていくと思います。
※英国と違い、日本はこれが恒久化する方向で検討されるのではないかと予測しますが、はたしてどうなるでしょうか。

日本がテレワーク自宅SOHO拡張を恒久化していくのではないかという根拠は以下です、
「生産性も向上するからです(更にIT系機材の設備需要も喚起できる)」
=無駄に広い本社事務所の床面積を縮小できる、
「普通に考えれば都心部の不動産下落フラグ」です。
(既に郊外の賃貸住居に関しては引っ越しによる需要増への期待感が出ています《世論調査などで郊外や地方への引っ越しを検討している数値の上昇が観測されている》←賃料は変わりませんが、期待感からフルリフォーム検討する大家さんは増えるでしょう《駅徒歩距離の遠さもあまりハンデとならない可能性もあり得る》、現状はあくまで”検討”だと思いますけど。)
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 17:24 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする