ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< January 2022 >>
SA MO TU WE TH FR SA
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(56)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

みさおとふくまる

Cats In The Sun

人イヌにあう


ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

気になってしまい「岸田首相の心理を読む」(勿論半分冗談です)

2021年12月15日

いろいろ考えるうちに(広島選挙区の件も最後に二階氏に引導渡すためだとしたら、、)

思ったんですよ
「甘利幹事長起用もワザとだったのではないか?」
(幹事長に起用された甘利氏は推薦した人事を全てOKしてくれた首相に驚いていましたが)
当落線上だったことを、岸田首相が知らなかった筈は無い。
落選からの辞任を”首相は読んでいたのではないだろうか”
(だから甘利人事などどうでもよかった→選挙後には後盾失うんですから)
 ↑
もしですよ、もし岸田首相の本音が【大宏池会構想は”無い”】だったら?
なんというか評判倒れで落ちていっている人って(中谷さんにしても加藤の乱から谷垣派を経て石破派なので大宏池会結成なら合流する人ですよ)、大宏池会忖度人事みたいな人ばかりじゃないかって(ええ、評判落としているのがね)、
党風一新の(一部には裏切者視もある)福田総務会長起用も当初から罰ゲームじゃないか?という噂もありました(悪目立ちさせてダメを出し安倍首相に恩を売る)。
五輪ボイコット関係の発言で早速ボロ出し始めているんだったかしら、


■このやり方が岸田流なのではないかと強く感じたのは、
●「石原伸晃氏の内閣官房参与指名からの辞任」です、
(「雇用調整助成金」の話”絶対知っていたと思う”→狙いは”息の根止めに行ったんでしょ”

●そして「安倍首相の台湾シンクタンクでの有事発言」と、打ち合わせしてたとしか思えない「外務省・官房長官発言によるフォロー」です。
(この会議の前日に岸田首相は安倍首相と会談している)
安倍首相の有事発言と、中国大使・官房長の「一議員であり、そんな世論もある」発言が、事前に打ち合わせされていたことは”ほぼ確実”

維新の松井代表の10万円めぐる強い批判も(このブログで菅さんの援護かと書きましたけど)、あたかも岸田首相は菅首相と関係がよくないんだよと演出するためのプロレスだったのではないか?
(維新との国会審議なんか和気あいあいとは言いませんが、嘘のように噛み合ってますよこれ、)
左翼マスコミに対し「岸田政権は安倍さんと菅さんとはうまくいっていないんです」と印象付けるための情報操作なのか、、(こういうこと考えるの大好きな人がもうひとりいますよね→個人的友人と言われる”安倍首相”)

別の意味で面白くなってきました(笑
(まさかと思いますが国交省のアレも公明潰しなのか?、、)


<※記事中、米国の真似して元首相などの呼称から元を外し”首相”としています>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 17:11 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ますます、岸田首相のアレがワザとじゃないかって

2021年12月14日

10万円のもやっぱり”批判を起こさせて”からの現金でいいよ、
(というか首相から全て現金でもいい件を事前に振っており)
公明党などと直接折衝するのでは無く、
いや〜これダメでしょうな話をまず発表して(批判のポイントも意図的に流しつつ)
「ほらダメでしょ(わかっていたけど)」みたいなね(笑

思い出してください、
岸田氏が政調会長で安倍首相から最初の給付金の取りまとめ依頼された時もそうでした。
自民案は所得制限付きかなんだったか中途半端なもので、
慌てて菅ちゃんが二階さんと怒鳴り込んで一律給付に切り替えたアレ、
(菅首相が岸田氏を全く評価していない理由のひとつともされる)
この時に岸田政調会長は「よかった」と発言しているんですよ。
そして「僕個人は一律給付でいいと思っていた」とも、

「人の意見を聞く」←彼の中ではそういう意味なのでは?
(自分の意見で「それは違う」と言ってもそれではエビデンスにならないので、反対世論などを巻き起こしてからの「人の意見を聞く(”ほらやっぱりね”)」そこからの修正力で本気出す)

別に私は岸田氏を評価しているものではないのですが、
保守界隈で言われているような無能な人なのかと聞かれれば、
全く違うのではないかと思うのです、
(詳しい経緯をトレースしていないので一概には言えないのですが、例の広島選挙区の件も”意図的になるように静観した”とも思えてきました《あれがあっての二階さん引導渡す挨拶に至るのであり》。今回のクーポン券も記者団に突っ込まれ公明党山口代表切れて激怒なんてこともあったようで、、そう仕向けているとまで言いませんが、”そんな推測”はしているのではないでしょうか。)

岸田氏って(それをどう評価するのかは置いておいて)、
「僕はリーダーシップというタイプじゃないけど、バカではないですよ」
、、実は(バカなふりした)”先読み好きな策士”なのではなかろうか。


posted by kagewari/iwahara at 15:38 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たぶん『維新』が飛ばしているのは菅さんの援護

2021年12月11日

文書交通費でしたっけ?100万円がどうしたこうした、
それから10万円とクーポンの話。
明らかに争点を設定して、(過去の野党ほど大きな意図は無いが)政権を揺さぶっている。表立って岸田首相の批判を避けているメディアもこの点だけは(応援している立憲も後追いする形にもなっているので)大きく報じているようで、

はい、ここまで、
維新・国民と立憲は連携しておらず(双方バラバラに法案も出している)
政権が話をまとめるには(立憲はいいとして)あたかも公明党との協議のような進め方を、国体がやるのか官邸がやるのか官房長官がやるのか(そもそも公明党とのパイプも怪しい)、
菅さんの力借りないとどうにも動かない状況が「意図的に目立っている気がする」んですよね。

一部に、岸田首相は安倍・麻生氏には頻繁に連絡取っているが、
元より菅首相との関係は良くないと聞く。
(岸田さんがというより菅さんが岸田さんに対して否定的との話)
挨拶が遅れて、先日菅首相との会談を持った時にも岸田首相は出迎えと見送りもしたというんだよね、意味合いとしては頭下げて協力をお願いしたっぽく。
それで菅さんがどう対応するのかわからないけれど、
●個人的見解で、岸田首相はわざとダメ出し要員を内閣に登用してないだろうかって話ですよ
(これ意図的では無くナチュボーンだとしてもです)
「できないならできないで、早めにダメ出しして、次の内閣改造で本気出せばいい」と、
何故って、来年の参議院選挙前後には次の改造タイミングも出てきそうですから。

北京五輪の件も、米国とワザとぎくしゃくしてないか?って
(勿論それは首相の責任では無く、「任せた林君と外務省もな〜」にもっていってない?)
日米首脳会談の日程が現段階でも決まっていないのは異例であり、
表向きさ、自民宏池会は伝統的に米民主党とは関係がいいとされているんですよ、
うんで、首相と外相を宏池会のNo1とNo2で固めて(相手がトランプならまだしも)民主党政権相手にしてもギクシャクしているってさ、

ここで思い出して欲しい、
河野太郎氏も仮に大宏池会が結成されたら本命の首相候補となる。
先日の総裁選で起きたゴシップは何?
(どこだったか誰だったかのパーティーでこの人、保守派から極めて評価の低かった元防衛大臣《麻生派》岩屋氏と「その話で盛り上がったらダメでしょ、、」な状況なんですよ、、ゴリゴリ親中派と思われちゃいますよって、)
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 15:33 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住み替え循環のスムースさが求められる時代

2021年12月07日

暗に成人年齢も18歳になろうとしている昨今、
生涯における「たとえば結婚ファミリー時代」は20年前後で終わります。
(北欧を常に前衛先進国と考えているワケではありませんが、少なくとも参考にはなる)
子供手当(児童手当でもなんでもいいですけど)、この明細というか力点は18歳時点の進学関係の段階で世帯の所得と無関係に個人の選択が保証される方向で検討もされるでしょう。
(仮に学費の高い大学への奨学金を不公平と考える向きもあるかもしれなが、それは当たりません=人材への投資効果が大きいことを意味するからです。)
フィンランドの場合、確か大学進学時点で独立しアパートへの引っ越し支援もあった筈で、
となれば、生涯世帯構成を考える上で、
1R〜2DKや1Lの潜在需要が再び増加することになるからです。

特に高齢者の年金生活一人暮らしを想定する場合、
単純に光熱費効率の悪さは可処分所得を大きく左右してしまいます。
勿論、断熱性もここ大きく関与しますので(環境保護派のみなさんはソーラーより追加断熱工事補助金を優先するべきかも知れません)、一概に床面積比では語れませんが「無駄なものは無駄でしょうw」。
反対にファミリー向け戸建てなどの賃貸が廉価に流通していれば、
非婚・晩婚問題への環境整理になるでしょう。

世帯構成の変化に応じた住み替え時代を前提に考えれば答えは「賃貸一択」であり、
(かといって引っ越しのめんどくささをどう解消にするのかには答えはありませんが、、)
居住場所に応じ「ナントカ時代とか」気軽に語られる社会になるなど、”不動産”の概念そのものも時代の変遷の中で変わっていくのかもです、



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 19:52 | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うがった見方かも知れませんが岸田政権のバタバタしているとこ(ワザとか)

2021年12月04日

誰が台本書いているという意味では無いのですが、
(本当にナチュボーンの可能性もあると思います)
親中系の閣僚や党役員の発言を”さらす”というか、事前に何か含ませることも無く、
公明党のなんだかわからない給付の話も、世論の避難轟轟に任せているというか、

●感染症関係への入国規制の素早い対応と比較して、
「なんかワザとやってないか?」な気もするんですよ。
岸田派としては、林外相が次の首相候補とも呼ばれ、岸田首相ぶっちゃけライバルなんですよ。今回の入閣も派内で岸田降ろしなんかされても困るので閣内に入れたとも言われており。
ここでバリバリ親中発言で叩かれれば、外相の適正はおろか「この人首相にしちゃダメだろう」が幾分かでも広まりますよね(笑
ええ、特に安倍首相に(安倍派内の反安倍とも言われる福田総務会長の件もね)
安倍首相に(石破氏や河野氏の時のように)「この人はダメでしょ」で動いてくれれば、自分で潰さなくてもいいワケで、茂木さんも何か評判落とすことでもあれば、加藤勝信氏に恩も売れます。

公明党のなんとかも、維新を使うなりして牽制しないととか思ってくれれば、
頼まなくても菅首相が動ていくれるかもしれません。
(密かに「高市さんもっと暴れてくれないと」とか思っているのかも、、)

いずれにしても岸田内閣の本番は来年の参議院選挙以降になります。
その間に、めんどくさい案件は「あなた無理だから」って事前にダメ押せれば得策。
そこまでいかないまでも批判の中、首相自ら収拾を図れば主導権を握れる。
(繰り返しで恐縮ですが、本当にナチュボーンの可能性もあると思いますが)
※そして重要な事は、親中も公明案件もメディアが先頭に立つか形で批判はできないし、表向き安倍傀儡政権的な雰囲気を払しょくできる。【一石三鳥です】

●最近、岸田氏って存外に食えない人なのかもしれないと思い始めてます。
(米国からの防衛費増額要求も、堂々高市政調会長が公約に防衛費増額を明記したからってとこもあると思うんです。あの政権公約も”ほぼ丸投げで”任せたって、後から米国から圧力くることを見越したものだったのではないのだろうか、、。「仕方がないじゃないか」のが動きやすいですからね、←これは宏池会の伝統かもしれません。)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 00:17 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前回久しぶりにペット可関係だったので「日本に求められるペット可」

2021年12月01日

私の記憶が確かなら、民法上はペットを飼っているからなどの理由で強制退去命令は出せなかった筈です。つまり、ペット不可はあくまで特約であり(約束の範囲と言えばいいでしょうか)、仮に契約が公正証書的なものである場合、法的論議にもなる部分ですよ、と。

で、ここの論議って(必ずしも左派リベラル政治思想には賛同しかねますが)多様性という点からLGBTの論議に類似しているというか、
●考え方の叩き台として「二人入居相談の物件は、基本ペット相談であるべき」だと思います。
(※隣室の音問題やペットNGな人の細かい論議は特殊事例なのでこの記事では触れません。アパート迎いの戸建てにペットが飼われている状況とどう違うのかって話にもなるからです。)

つまり、ペットの概念を基本同居人と同じ目線で論議するべきだろうと、
ここにはもうひとつ着目する点があって、
保健所や関連NPOの以下の判断も個人的には賛同しかねる部分あるのですが、
ペットを保護引き受けする時の条件に単身者はNGというものがあるんです(環境的に)、
そこに暗韻があるとは言いませんが、ペット担当部署や専業NPOは二人入居以上が好ましいと考え、賃貸における二人入居相談可における騒音含めの事情は、ペット相談と違うものだろうか?

現状あまりトピックになっていませんが、
理想は国交省がガイドラインとして「二人入居相談の賃貸物件はペットの飼育を排除しない」みたいな行政指導出してくれると早いんですけどね。
(※類似する考えに、「お子様相談の賃貸物件はペット飼育を排除しない」もアリだと思います)

着想として合理的な考え方だと思うんですが。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 13:46 | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする