ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< May 2021 >>
SA MO TU WE TH FR SA
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(55)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

みさおとふくまる

Cats In The Sun

人イヌにあう


ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

『井上先生質問シリーズ第2弾がアップされました(松田政策研究所)

2021年04月13日

<末尾追記アリ>

大阪関係の記事アップ直後に、動画配信されました。
youtubeでは削除されてしまうため松田政策研究所がニコ動にアップしています
(削除された過去記事も無料公開されている1本はリンクを復活させました)

前後編二本貼り付けます
後編の7分11秒から松田氏が重要なコメントしてます
(政権中枢もこの論議を「十分承知している」とのことで、マスコミ対策などで本当の事が言えない状況にあるのが確定、)

(拡散希望)






 
■それから今(本日14時過ぎ)ネットで確認しているヘッドラインで
ANN(テレ朝)ニュースで「確実なデマ」が報道されています
「今日大阪で”感染者が1000人超えた”、、昨日も”感染者”が、、」などと、
PCR陽性数を(=感染数では無い)明快にガッツリ”感染者”と明言するフェイクニュースを堂々と流してます
(これは流石に放送倫理法違反になるのではないのかしら?毎日確認しているワケでは無いのですが、最近地上波ではこれ平然と行われているのでしょうか?)

●と思って調べてみたらFNN(フジ)でもガッツリ”感染者”と明言してますね、
地上波ではずーっと全局この調子ってことですか、、
NHKWEBで確認するとNHKも言ってますわ、、これって世界の報道はどうなってるんでしょうね、
TV報道を確認されてる方には「今頃ですか」って話かもしれませんが、
「腰抜かしました」



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 14:06 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪府のDATAから”読む”コロナ感染症の実情

※言うまでも無く私は感染症専門じゃありませんから、素朴に数字を見た感想だってことをご理解くださいまた、後述のようにDATAの取り方基準が東京と同じでは無いため、判断不能な箇所もあり、まとまり欠く話になってますがご容赦ください。
(これは東京が独自基準を採用しているためだったように記憶してます)

■前記事で書きましたが、削除された「大阪市立大学名誉教授井上正康先生」の見解は地元関西地区の話でしたから、織り交ぜての分析です。
大阪府の感染症DATAは東京と違いグラフを貼れないので、詳細は以下URLで確認して欲しいんですが、
大阪府の最新感染動向
https://covid19-osaka.info

(また、私の記憶が確かなら厚生省ととりわけ東京都の重症者分類は独自基準だった筈で、重症患者数と言った時の数字は東京と大阪で意味が違うことも前提に進めます)

過去記事で「謎のPCR検査数の増加が、実体として感染増加が有意に観測される”以前”の3月頭から右肩上がりで増加している」ことを指摘しましたが、
大阪府発表の動向からDATAを読むと(またどうしてそれと比較して京都で類似した感染増が観測されないのか)、勿論推定ですが、
・「高齢者介護施設などのクラスター感染増により、濃厚接触者の要検査カウントが3月初旬から顕著になっていたのではないか?」が類推されます。
また、一定数とは言え重症者数が増加しているのも事実である(=感染者母数における高齢者の数が多いことが類推される)、

●このことから「大阪市立大学名誉教授井上正康先生」の指摘にあった以下の地元情報
「多くの感染者が高齢者施設で発生しており、飲食店はほとんど無関係」に符号する。
(※ただし、上記の見解には媒介者の感染ルートという意味で、飲食を無関係と言い切るには無理があるだろうと記事中で補足した《クラスター感染の場合感染者カウント数だけはどうしてもその場所だけで多くなるため》)

そして、大阪維新と言えば菅官邸とツーカーであること
合わせて考えると、以下の流れが進行していると思われる
・飲食規制は「マスコミ対策」(大阪府もそこが重要項目では無いことをわかっている)
・大阪府・政府の狙いは「高齢者施設へのワクチン接種」(今ここ全力)
・人口比から言って、東京に比べ大阪府ではベッド数が大幅に準備不足だった
・大阪に比べ京都の慣例事例が「極端に少なく」この感染は広域的なものでは無い
・東京のDATA比較が困難なので、その意味はよくわからないが(退院判定が違うのかな?)大阪府のDATAでは自宅療養数が非常に多い(同じ病気なのかってぐらいDATAに差があってちょっと意味がわからない)
=現在進んでいる大阪府のPCR検査Ct値にやはり疑問を感じる
(英国変異種の特徴として《感染力1.7倍=ウイルスの耐用度が高い》→”陽性だが非感染”のカウントはどうしても増える事も類推される)
 ↓
●いずれにしても大阪府DATAから「今回の流行は3/31から既にピークアウトしている」
(※「発症日別による陽性者数の推移」参照)
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 10:50 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪市立大学名誉教授井上正康先生のコロナ解説動画がyoutubeから削除

2021年04月10日

<後ろの記事の動画はニコ動に差し替え可能なものがあったので復活させてます>

過去記事で紹介していた、松田政策研究所動画が削除されました。
動画削除があった記事は以下の2本かな、
http://kagewari-retour.seesaa.net/article/479213360.html
http://kagewari-retour.seesaa.net/article/480140685.html

感染防止についても、非常に有益な情報のある動画でした(感染から肺炎に至るプロセスの説明:血流の多いところからの感染《大腸など》、他、PCR検査におけるCt値の解説など←この件はWHOの指導にも準拠する話です)、

それを削除するって、youtubeは意図して感染を拡大させたいってことですか?


■事の顛末が以下動画で説明されてます。
(なんじゃこれって話です)


専門家の解説に対してエビデンスの提示も無く「誤った医学情報」だって?
しかも、同じ事やればチャンネル削除するぞだって、
(※これ左派にとって「非常に都合が悪い」とyoutubeが自白したようなものだよね)
 ↓
「新型コロナで(事実と異なり兼ねない一方的な見解で)煽って社会を騒乱したい」
とyoutubeが宣言したも同じですよこれ。
流石に呆れました、許し難い、
(松田政策研究所は意見の異なる”左派系知識人も意識的に呼ぶ”チャンネルですよ?)
一方的な言論弾圧以外の何物でも無い


正直に言うけども、昭和の左派はそんな人達じゃなかったです。
独りよがりかも知れなかったかも知れませんが、彼らの中にも一定の正義感のようなものがあったのだろうと思ってます(外国の工作資金を受け取っていてもね)。
しかし、昨今のこの動きは「明らかに悪意があるとしか理解できない」。
(※はっきり言いますが昨今の左翼は《粛清や内ゲバでは無く》市井の人の命を弄んでますよ←これじゃ左翼ですら無いでしょう。”過激派のテロリズム”とどう違うんですか?)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 15:40 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西の感染拡大ってのは、本当なのだろうか(DATAで見てみる)

2021年04月06日

若干タイムラグはあるんだけど、比較しやすいって意味で以下東洋経済のDATAから分析
https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/
後半部分の都道府県別で東京と比較してみると

確かに関西圏の”陽性者数”は急激に増えているように見える。
重症者もグラフ的には増加傾向なのだけれど、
実数が一日あたり2人だったのが12人に増えたぐらいなので、
「陽性者600人に対する、重症率は2%(98%は軽症)」
(急激な増加が最近のことなので死亡者数の増減はこれからだと思いますが、こちらは5名以下で変動無し)

※同じように陽性者は増えている、奈良や兵庫においては重症者の変動はほとんど観測できず、死者数は(勿論タイムラグありますが)減少傾向


比較して東京は
要請400人に対して平均すると1日2名程度なので
こちらは「陽性者に対する重症率0.5%(99.5%は軽症)」
(死者数は、以前の感染者が多かったこともあり、ついこないだまで20名前後でしたが、昨今は10名以下に減少中)

一概に上記だけでは判断できませんが、
陽性者(暴露しただけで感染していない人も無症状感染者扱いを受けるため目安であって=感染者を意味しない)、確かに増えてますが、
大阪府でそれを裏付ける医療DATAは重症者が8名程度増えたって部分だけで、
この8名って数字的に優位な数字では無いですよね(8÷大阪府の人口882.3万だと、%で表示できないレベルのことなんで)。
●感染者が増えているのは本当なのだろうか?

■統計上重要な鍵はこちら
東京のPCR検査数は概ね平均1日8千件程度ですが、
大阪はここ最近急速に増えていることもあって多い日は1日1万5千超えてるんです
(人口約930万東京の2倍)大きく陽性者増が確認される前3月頭から検査数がぐいぐい増えている。この検査ct値(検査時の増殖率35倍以下の厚生省の通達徹底されてるのかしら)ちゃんと確認取れているんだろうか?
勿論、確定的なことは何も言えませんが、
現状のDATAだけでは、
「確実に感染者が増えいているとは断定できない」と思うんですが、、?



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 16:39 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の判断次第ですが、将来インバウンドが独り勝ちなのは間違いないことです

2021年04月04日

安全に渡航できる観光地が”ほぼ日本だけ”となるためです。
欧米の感染症事情の推移がまだ判然としていませんが、
相当レベルワクチン接種も進んでいる筈なのに、フランスも再び緊急事態でしたか、
(欧米はいったいどうなってるんでしょうね?)
信頼性という点で、現在の日本の流行状況は欧米で言えば「完全に鎮静化完了状態」であり、更に今後論議される中で海外渡航者入局緩和する時期ともなれば、更に落ち着いているでしょうから、欧米的には根絶状態に等しいでしょう。

実数から言えば、それは中国も少ないってことになりますが、
世界で中国の統計など信じしている人いませんし、
何がいけないって、感染元としての情報を隠蔽するような国に好き好んで観光に行こうなんて輩もいないでしょう。
米国で言えば(ワクチン接種反対派も多いですから)「国内旅行より日本観光のが安全」という状況になります。

政府の判断次第ですが、入国規制の緩和と同時に日本のインバウンドが独り勝ちになることは自明です。そういう意味ではブランディングとして現在以上の感染状況の鎮静化にも後付けですが合理性も出てきます。

※保守系の方は外国からの渡航を緩和したらまた感染が拡大すると憂慮されてるかもしれませんが、日本の感染者統計が「国籍別に発表されていない」ことこと問題で、海外からの感染ではないかと囁かれていた時のかなりの数が、外国籍感染者の可能性もあったので(高齢者施設などへの拡大はワクチンにより防護できますから)、殊更に日本に被害が拡大とパニックになる話ではありません。
というか、
そういう話なら「何故日本がこれだけ感染の水準を低く抑えられているのかの説明ができない」
ここは「まだ原因は特定できていないが、日本は欧米に比べ桁違いに感染例が少ない(外国からの入国に関わらず)」事実は、事実として確認すべきだろうと思います。

■個人的には、インバウンドって何?ってなものでww
「ぶっちゃけどうでもいい」のですが、
今回の感染症により打撃を受けた観光業界などの再建には必須かと思います。
(地方にもよるのでしょうが、外国人観光客は言っても2割程度という話もあるようで”全部が全部”って話ではないようです。)
政治判断が行われた時にバタバタしないように、この課題をどう考えるべきか(反対するなら反対するでその時の対案含め)今から考えておくべきでしょう。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 18:59 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の事ですから”マスク文化”は定着するでしょう

2021年04月01日

ご存じのとおりコロナとの相互干渉でインフルが絶滅かと言われるほどで、
厳密なDATA比較はできませんが、
下手なインフルワクチンより、コロナ流行のワクチン効果が高かったという見方もあるほどです。
(あくまでも自粛による感染防止込みの話なので上記表現は”間違い”なんですが、)
いずれにしても多大な経済的損失を出しつつも死亡者数では(インフル流行死者数比較)「違いが無いか減少したかも知れない水準」にあります。

今回の感染防止策のいくつかは(手洗いや行動範囲の限定)恒久的な感染対策であることが”共通認識”になっていくでしょう(コロナが収まったら例年のインフルがきますから)。
象徴的なものはマスクだと思います。
マスクそれ自体には予防効果は期待できませんが(空気感染ではありませんし)、
感染者が無意識にウイルスを拡散することを防止できます。
具体的なその効果を計測することは想像するに(各論が出て)結論は出ないでしょう。
(ウイルスの透過云々では無く”口元を触らない癖”が効果的という説もアリ)
「給食センターなど調理関係者の常設装備じゃないですが」、
見た目で一番わかりやすいものなので、視覚的象徴化は大きいと思います。

何気にコロナが収まってもマスクを常用する人は増加するだろう
(合わせるように日本は機能性やファッションなど凝ったものも出しますから)

確証はありませんが、
東京五輪などの中継で(これでほぼ観衆は日本人ってことになりますから)
「随分と慣れた調子で、平然と観衆全員マスク着用(欧米に比べ感染者は桁違いに少ないのに=日本は欧米諸国が国民全員にワクチン後の数字と同じ)」する姿は、
ちょっとしたカルチャーショック与えるかもですね、
(花粉症シーズンの様子を見て、観光客が驚いていたぐらいですから)

●「日本の感染者が桁違いに少ないのはマスク着用率の高さだ」と誤解されるとまた困るんですが、

「マスクに抵抗ない文化なんだね」ってもう説明の必要がなくなるでしょう
(それがいいことなのかって、私にもわかりませんけどねww)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 11:59 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする