ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< June 2022 >>
SA MO TU WE TH FR SA
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(56)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

みさおとふくまる

Cats In The Sun

人イヌにあう


ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

複数室所有するなどの多様性が微妙に広がっているのかもしれません

2022年05月01日

これは北海道の新(開閉式)ドームでいいのかな?日ハム新球場併設マンションの売れ行きだとかその周辺の地価上昇と、これまで数年に及ぶ賃貸相場調査のDATAを組み合わせると(端的に言えば想像以上に高級系の賃料設定が高い)、
「これは地元民向けとは思えない開発が行われている」感触がありました。
(「北海道と言えば中国でしょ」って思う人いるかもですが、地元では言うほど目立った話ではありません)
人口が増えてる感触も無いのにです、

何か妙ですよね、
特に不動産賃貸相場で「うーん『分譲キラー』には及ばないかな」レベルながら”意図的に高級感を意識した”感じの物件が(内容的にはまだまだだと思うんですが)、東京とそれほど違わない賃料設定になっているんですよ。←えっこれで回るの?と思ったことは一度や二度ではありません。
(地元の相場感ある人は手を出さないと思われるのにです)
一部には「冬季オリンピック開催を織り込んだ」なんて話もあるようですが、、


「数がどれほどなのかわからないのですが」夏は北海道であるとか、
(新ドーム併設マンションでいえば「プロ野球シーズン中だけ」など)
「北海道にも事務所があって」みたいな利用が再開発系コンセプトの一部を支える程度に存在し、それが結果として地元の高額所得高齢者などへの選択肢としても認知されているのかしら?

実際のところはこれと言う確信は無いんですが、
「少子高齢化による過剰供給なりの新たな方向性」が、開発レベルで模索されているのかもしれません。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 04:48 | TrackBack(0) | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マクロン勝っちゃったようですね(仏大統領選)

2022年04月25日

詳報は確認していませんが何やら「ウクライナ紛争」におけるロシアに対する態度がアレしたのではないかという話もあるようです。
そらそうでしょう、直前記事内の動画で紹介したように「エマニュエル・トッドが怖くてフランス国内向けには発言できない」状況だってんですから、
一部には欧州ではフェイクニュースも極端では無いという話もありますが、
ドイツのショルツ首相でしたっけ、
彼も「世論に迎合して筋を曲げられない」とか発言している筈で、ま〜現在欧州で少しでもロシアの言い分を紹介無いし踏まえると”大炎上する状況”にあることが類推されます。

さらに過去記事に日本の”ちょっとどうかした保守派”がウクラ〇ナのなんだかイマイチ何者なのかわからない人物持ち上げすぎて引っ込みつかなくなってるぐらいですから(先日もウクライナ本国だか大使館で昭和天皇を《ナチスみたいに》ディスる発表だか大々的にやらかして謝罪していたようですが、なぜ彼らが謝罪するのかよくわからない《中の人なんですか?》)。

あっ、これもウクライナの情報工作とか私思ってませんよ、
ゼレンスキー昨今の記者会見スピーチライターは米国人とも言われており、
「米『民主党』系ネオコンの情報工作でしょう」


元々フランスごときに大きな期待もしておりませんので、
マクロン勝利は残念ですが、「だろうな」と思ってました。
(それもフランス人の方の選択ですから尊重いたします)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 19:15 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仏エマニュエル・トッドが語る「ウクライナ紛争」

2022年04月23日

ソースは文春なのかな、
そこも彼が内容紹介することで意味が深まってますね
【露のウクライナ侵攻】に現代最高の知識人エマニュエル・トッドが初めて語った 犯人は〇〇だ!ネオコン、ウクライナ軍、露のプーチンについて フランス知の巨人の冷静な見方と認識 (TTMつよし
https://youtu.be/iojZyQ6mP-s


やっぱりね、今フランス国内でこういう論議をするのはエマニュエル・トッドですら炎上怖れてにわかに言えない状況だってことね(どんだけヨーロッパ人もメディアに煽られてんだか、、)
また、トッドの核武装論には最近の記事にあるように「私は反対」です。
https://kagewari-retour.seesaa.net/article/486718774.html
※ゼレンスキーが単なる狂言回しであるとの見解は私も同意

●後トッドが悲観に過ぎると思うのは、
現在進行形の米国ネオコン系『民主党』バイデン政権が「すっごいグダグダ」で、
ウクライナ無関係に中間選挙ボロ負けが確定していることです。
(これもTTMつよし君の動画にありましたが、米『共和党』支持者は、世論調査によると「このウクライナ紛争下においてもプーチンよりバイデンが悪い」と答えており、相当数の米国市民は「ま〜メディアの不動もプロパガンダ合戦だな」と気が付いている。←特に米国民は「米国内選挙におけるネガティブキャンペーン合戦」などでそういう雰囲気に慣れているとこもあると思ってます。)

「ウクライナ紛争」は戦争屋ネオコンにとってブーメランになると思うんですけどね、
何か特別根拠のある話ではありませんが。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 11:02 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テレワーク自宅SOHO化の進む不動産事情は住み替えばかりではない

2022年04月22日

お題は「自宅にいる時間が増える」というもので、
時により広い部屋ということで住み替え事情などと報じられることもありますが、
大型冷蔵庫を筆頭に白物家電も売れているようです。
(オーディオ関連の投資も有益かなと)
となれば、それは模様替え需要とも言えるでしょう。
DIYに関しては数年前から需要が高まっているという話があり(日曜大工的なものが女性にも広がり、電動工具なども売れているって話を耳にしたこともあるような)、そこにテレワーク自宅SOHOですから、「いっちょ何か造ったろ」思いますよね。

模様替えも想定超える成功となれば、面倒な引っ越しもやらずに済むわけで、
●そこを踏まえたコスト計算してもよいのであります
モノを作るばかりではありません、
デカイマシンをノートにするとか、TVも観ないなと思えば処分してしまうなど、
(”皮肉なことに”TVの処分が家庭でできる最大レベルのSDGsだったりするw)
家財そのもののダウンサイジングも含まれてくると思います。
テーブルの改造って言えば、以前は延長部分を作ってみるとか広げる方向でしょう、
これをですね、「ぶった切って足付け替え」ってのもあるだろうと。
(天板切るのは大仕事だと思いますが)
切り離した天板は他の場所に棚として移設とかね、
(環境考えればそこはゴミは最小にと思うじゃないですか)

そうなんですよ、財務省や経産省が経済指標に住み替えや新築着工件数を重視する背景に「引っ越し絡みの消費拡大」がありますが、それこそ(皮肉ですが’)”SDGsじゃない”。
だいいちあれっス、新築ってことはですよ「猛烈に取り壊したゴミが出たんでしょ」(全然環境に優しく無いじゃん)→【ある意味一番ブラックジョークなのは「環境に優しい新築住宅」なのかもしれませんw】

■というワケで、名ばかりのSDGsを批判するなら
「ゴミを出さないDIYかもしれませんよ」


posted by kagewari/iwahara at 12:00 | TrackBack(0) | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不都合な事実「ウクライナ紛争」(日本では最初から報道されない)

2022年04月20日

FOXでも録画配信レベルからカットしたのかな?
(動画が残っているということは、生配信などの時には放送されたってことでしょう)
消すと増えるの法則で、欧米ではかなり拡散している動画のようです。
有志の方が字幕付けてくれてます。

Fox News: ゼレンスキーとの独占インタビュー。アゾフ大隊について (ネットからカットされたシーン)
https://youtu.be/InqBUnJOyJE


これですね、
ウクライナ当局もナチス思想は薄まったと意味の分からないこと言ってますが、
薄まった言ってもアゾフに2割前後のネオナチがいることを認めており、
こいつらが正規軍では無いが、政府の軍事組織に組み込まれているんですぜ。
篠原情報によると、ゼレンスキーが刑務所の囚人に武装させて騒ぎになってる話もあります。
ロシア当局のネオナチに関する言及の信憑性は、何よりロシア国内にいたロシア人のネオナチがウクライナで勢力を保持する(そういう意味でこの辺ではちょっと有名な国がウクライナだった)民族主義右翼の呼び掛けて「ウクライナに渡って武装し活動」しており、ロシアとしては「絶対いるから」って部分に疑問挟む余地もありません(自分達の監視対象がウクライナ渡って活動してんだから)。

■そもそも動画に残ってますが、当選初期にゼレンスキーはドンバス戦争前線に出向いてアゾフ大隊に「オマエラ何やってんだミンスク合意守れよ」と文句言いに行っており、そこでアゾフ大隊構成員からやんやのヤジで出迎えられてきた関係にありますから(勿論この絵も八百長だったのだろうと思います:アゾフ大隊もゼレンスキーもスポンサーは同一人物オリガルヒのコロモエスキーですから)。

※ちなみにこのウクライナ胃のネオナチが捕虜を後ろ手に縛り殺害する動画を嬉々として”自分で動画にアップ”しており、この情報も拡散してます(ニュアンス的にはISISみたいなものです)
しかもこの組織に裏から軍事支援していたのが米CIAという「よくある風景」でありまして、、

■現在休暇帰省で時々「残念ながら地上波報道を見てしまう」ワケですが(笑
「ジョークなのかな?」と思うほど、事実がどこにも無い報道連発してますね。
やはり”マスメディア(多くの視聴者を前提とする広報媒体:マスコミュニケーション)”というのは、その形が「嘘しか報道できない」特性があるのだろうという構造論に帰結するんだろうと思います(ジャーナリズム《その解説が偏向してるので余計害悪》などどこへやらですから)。
 ↑
ちょっとこの辺は心理学ブログの方に書こうかなと思ってます、、


posted by kagewari/iwahara at 12:06 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人的意見ですが日本の核武装論は愚策だと思ってます

2022年04月19日

現実的論議ですが
1)被爆国の日本で世論がまずまとまらない
2)米国が黙認したとしても他常任理事国が歓迎するとは思えない
3)そんなことに外交リソース割かれるほど日本は暇では無い
4)核武装にデタントの効果を持たせるには相当数保持しなければならない
5)そもそも核兵器は現代の戦争で使えない兵器である(意識しても意味がない)
6)ロシアのようにそれをブラフで使う場合もあるが、ロシアの発言もNATOが核配備を拡大するならばの牽制であり「唐突に先制攻撃しちゃうよ」とか言って無い
7)防衛という点では日本は米国に次ぐミサイル防衛システムがある(何のためのイージスか)
8)そもそも世界最強クラスの潜水艦部隊を保有している日本は、中露米の戦略潜水艦をも沈める力を持っており(米海軍ハンターキラーともタイマンでしょう)、ある意味既に核保有国が世界で最も恐れる国のひとつである
9)無茶をする国はだいたい独裁国家であり、日本のF35なりを敵地攻撃に使用することを決断すれば(抑止力として)核兵器並みのインパクトがある
10)世界有数のプルトニュウム保有国であり、世界の噂では「半年で核兵器を保有できる」と言われている日本は潜在的に既に核保有国である

<<心理学的な補足をすれば>>

特にICBMは男性自身の象徴であり(日本のどこぞのお祭りみたいな、、)
言えば権力者のマチズモ《男性誇示》表現です《故に独裁者や覇権国家に典型がある》、
悪く言えば(使用できない兵器だってのに)自己満足《誇示が目的》、
しかも管理維持にかなり高額のコストがかかるとも言われており、(使えない兵器なのに)限られた防衛予算を圧迫します(日本がケチな数の核兵器を保有しても前述のように言うほどの抑止力の保持にならない→むしろ既に保有しているミサイル防衛を徹底する方が効果的:特にレールガンなどの援用を期待します。)
※敵地攻撃能力としては、F35のステルス性だけでなく、戦闘機用の迎撃ミサイルの研究があり、これが実用化されると(自機を狙う対空ミサイルを迎撃するミサイル)F15でも無双状態で敵地内部に侵入し航続距離の及ぶ範囲が攻撃可能になるとも言われています。


posted by kagewari/iwahara at 11:24 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする