ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< December 2022 >>
SA MO TU WE TH FR SA
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(57)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

みさおとふくまる

Cats In The Sun

人イヌにあう


ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

『日本シリーズ第一戦』「山本由伸故障降板は想定外」

2022年10月23日

「山本由伸を欠くオリックスに勝っても」と言われるかもしれませんが、
ヤクルトも奥川君を最初から欠いているんですから(そういう話じゃ無いかw)
今日の試合の印象ですが「割とあっさり勝てましたね」

ともあれ
塩見君の打撃にあるように「ヤクルトは各人狙い球絞って打ちに行く(勝ちに行く)だろう」という読みは正解でしたね。
しかし、故障を抱えていたのか山本由伸君良く無かったですね、
中日の橋宏斗投手に比べれば、、といった出来でした。
(阪神の才木君のような感じ)
負けず劣らずヤクルトのライアンもストライクが入らないって状態で、よくあの点数に抑えたと思います(出塁許してスリーボールになるのはいつもの事ですが)。

当初の読みどおりで「戦力は阪神タイガースに似ている」そのままだったと思いますが、
大きな違いは監督ですね、
流石中島監督食えない人です。8回の送りバントは痺れましたよ、
(よっぽどゲッツー嫌いな人なんですね)
ただ、ヤクルトは「点取られると何故か打ち返す」のが今期の特徴であり、そのままでした。
オスナの好調が続いていることはオリックス投手陣にはかなり厳しいですね、
長岡君も手ごわいところ見せられましたから、神戸に移ってDH制になれば切れ目が無くて苦労することになるでしょう(しかも昨年同様にムーチョ中村が好調ときている)。

明日は宮城君かと思いきや、
先発山ア福也投手だそうです(山ア福也投手はあまり投球知らないんですよ)
中日の大野に似ているのかしら、
ヤクルトは小笠原や今永は苦手にしているとこありますが、なんとかなるかな。
※ちなみに今年終盤宮城君は調子を落としているんですが「ファースト側へのインステップが凄いんですよ、去年もあんなでしたっけ(どう見てもやり過ぎに見えるんですが、、)」

山ア福也投手ということなら(何点か取れると思うので)、サイスニード次第かな。
サイスニードもコントロールは割と適当なので、先頭打者を出さずにテンポがいい日は大丈夫。
調子よければ7回まで零封もあると思いますが、完投は無いのでリリーフ陣の工面をどうするかが鍵かも知れません(高津監督はできれば明日は清水マクガフは使いたくないと思うんですよ《久保石山今野でしのげる点差にしたい》)。


posted by kagewari/iwahara at 00:15 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『日本シリーズ』戦評をやってみようかと思いまして、その前に展望

2022年10月21日

私は野村監督時代からのヤクルトファンですから(正確に言えばナンチャッテ時代まで含めると広岡監督前後時代からとなります)「全てヤクルト優勝を前提にした」記事になります(笑
この素人の戦評(クソ記事)に何か意味があるかわかりませんが
そこは、ままよとやってみようかしらと思った次第(オリックスファンの方はスルーでお願いします)

■さて、大方の見立ては前回同様にヤクルトがオリックス山本由伸投手に球数を投げさせる作戦と思うんですが、私はそうとは限らないと思ってます。
(今年に関して言えば阪神青柳投手のツーシームの方が手ごわい)
言えば「今年の山本由伸投手の調子は=菅野+戸郷÷2です」
今年ヤクルトはジャイアンツ戦において、上記両投手時も明らかな捨てゲーム対応をしておらず(菅野投手に関してはガチンコで攻略して勝つ気満々でした)、類似した対応になると思います(各人狙い球を絞って打ちにいく)。
私は昨年のレギュラーシーズンをしつかり観ていないのでどこまで正確かわからないのですが、オリックス側から見た昨年のヤクルトとの大きな違いは「長岡君の存在に尽きます」。

今年のヤクルトの特徴は「あと少しで50打点か」という、8番バッターでありながらトンデモの打点を稼いだ長岡君の存在にあります。←明らかに村上はじめとする中軸を乗り越えてほっとしたところに、ようやく下位打線かと思ったらめんどくさい長岡君が登場するというパターンです。
(なので今年のヤクルトは代打川端の調子が上がらなくても気にならなかった)
●長岡君は(シーズン前は無名でしたから自主トレの相手を決めておらず)大松コーチの計らいでSBの中村選手の自主トレに参加してます(バッティングフォームが中村選手そっくりであることは誰の目にも明らか)、今年の長岡君の目標はSB中村選手だったワケで「勝負強い6番バッター的な内容」を意識していたことになります。

結果「ヤクルトには4番村上と、第二4番サンタナのクリーンナップが連続する打線」となっており、
相手投手が疲れたところで襲い掛かるのを得意にしています。
(なのでヤクルトは5回以降の得点が多い)
回の頭でまわってきた時に村上君を安易に歩かせられないのはこのため
「5番オスナの存在というより、間違って勝負強い8番長岡まで回ることになったら大変だからです(大量失点の可能性がある)」
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 17:46 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勿論憶測ですが、ロシアがキエフを再度包囲する可能性もあります

2022年10月20日

素人の勝手な読みですが、当初のキエフ包囲も、
「それでゼレンスキーが降参してくれれば儲けもの、本質的狙いは陽動(ドンバスの戦力を手薄にするため)」という読みでしたが、
天候などから今後戦況が膠着状態になることも予測される中で、ロシア軍予備戦力がまたベラルーシに集結しているって話があります。
ブラフのまま終わるかわかりませんが、現在ロシア軍が展開中のウクライナのインフラへの攻撃、その意図は「戦域をドンバスに限定せず」ですよね。
現在ウクライナは停戦交渉に応じる気配も無く、大本営発表では攻勢を強めているという状況。
 ↑
これは戦端を開いた当初の状況と同じです、
もう一度(今回はインフラを叩いた上で)キエフを包囲する可能性あると思います。
狙いは陽動と停戦交渉への圧力です。

●ロシアは停戦交渉の条件として(ロシア編入を決めた)東部4州の国境線を妥協してもよいと発表しており=「やめられるものなら今の国境線で停戦したい」ということではないか?
米側も当然そこはわかっているでしょうから、
ウクライナには交渉に応じないよう圧力かけているところだと思います。
だとするなら、
もう一度キエフを包囲して米側との連絡を遮断したいと考えますよね。
(イーロン・マスクが無償提供しているネット回線スターリンクは止められませんでしたが、「止める可能性はあるよ」って動きを示唆する効果はあったでしょう。)

核発言以来、欧州世論がウクライナから離れ始めている状況ですし、
過去記事でも書きましたが、本質的に(ゼレンスキー大統領では無く)ウクライナ西部政権は政治的安定性から考えても親露の東部ドンバス地方と関係が切れることは何も困らないワケで、(米側の要請だったロシアに経済制裁課してプーチン政権に圧力かけるため戦端を開くことは達成している)ウクライナとしても《ポーランドとしても》そろそろ停戦したいところだと思うんですよ《ドイツがブチ切れでもしたら終わりです》。
仮にNATO加盟ができない場合、西部ウクライナだけポーランド連邦国家になることもできます。
しかし大本営発表で「勝ってる勝ってる勝ちすぎてる」広報中は停戦交渉で世論をまとめることもできないでしょう。
 ↓
そこで、停戦交渉を進めるために、
敵対する双方の思惑がロシアのキエフ包囲で一致する可能性もあるかもしれない、
(※勿論大きな戦闘は行わず基本包囲することを目的とする作戦って意味です)
阿吽の呼吸で一致すればの話ですが。



posted by kagewari/iwahara at 22:07 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰省時にBSなどで米国系の報道をチラッと見たのですが(所謂米『民主党』偏向系)

2022年10月19日

日本のメディアは欧米の猿真似なところがあるので、まだ可愛いところありますが、
米『民主党』偏向系メディアの反トランプは見るに堪えないレベルの酷さで、
※米国の場合局の方針なりで堂々と『民主党』支持と宣言すれば偏向してもよい「とわいえ」
「これじゃ視聴者も引くわ」としみじみ思いました。
(確かCNNなんかも倒産の噂ほどではありませんが視聴率下落に歯止めがかかっていないとも言われてます。)
NHKの国際ニュース紹介番組などでは
「遥かに中東系のアルジャジージャの方が数段中立的に感じる」ってのは、
これどういうことなのかと思います。
(※アラブを揶揄するつもりは全くありませんよ)


ここまで及ぶと、主要メディアの周辺は思考停止状態になってしまっているのではないかとすら思えてきます。「見たくない知りたくないものが、本当に見えなくなってる(反対に見たいと思ったものは存在していなくても見えた気がするレベル)」みたいに、
※ちなみに現在米国では「デマが確定しているトランプ大統領にかけられたインチキ・ロシア疑惑の容疑者裁判が話題となっており」、左翼系メディアでもハンター・バイデンの逮捕が何時か注目されています。《探せば米国報道にもそういうのある筈なんですがNHKが紹介している節はありません》

■大真面目に思うんですが、
こんなことを続けていると、本当に新聞TVなど大手メディアの報道は「現実との乖離を冗長し」高齢者の認知症を誘発したり悪化させているのではないかと(受動認知化)本気で心配になります。


posted by kagewari/iwahara at 02:07 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阪神タイガースファンの方へヤクルトファンから”その時”を冷静に語ってみたい

2022年10月15日

この適当な記事に意味があるのかさっぱりわからないのですが、
昨日の敗戦で激しいショックを受けている阪神ファンのみなさんへ(思うに関西の戦評も「矢野ガーで」荒れていると思うので)少し角度の違う論評をしてみようと思います。

ファイナルステージでの戦いからわかる矢野阪神の裏側と言ってはアレですが、
「ヤクルトファンはどう思ったのか」なんですが、
シーズン中あれほど拘っていたクローザー岩崎、明らかにファイナルステージにおいてその信頼はありませんでした。これは調子云々では無いと思うのです。
何故ならシーズン中明らかに調子を崩していてもクローザーとして岩崎を任せていたからです。
(※ファーストステージDeNA戦で初めてクローザーは湯浅となった)

「代打で山田が出てくるから浜地だった」果たしてそうでしょうか。
山田が嫌なら青柳続投すればよかっただけの話です(比較対象は「青柳VS宮本」「岩崎VS山田」←これに対して「浜地VS宮本」が圧倒的に有利でしょうか)、「浜地VS宮本」の選択は明らかに岩崎への信頼の無さの表れです(それは不信とかではなく、矢野監督は「今の岩崎では山田に打たれる」と思っていた)。「浜地VS宮本」の選択は(青柳続投は押し出しフラグだと考え)ここで信頼して送り出す投手が他にいなかったからです(湯浅はクローザーとなったのでここでは起用できない《西純はそれを見越して前日に攻略されている》)。
 ↑
■NYメッツの名将ショーウォルター監督ですか?
ポストシーズンにおいて(敗退しましたが)クローザーのディアズを異例の7回に投入し(ここで流れを変えて大老得点しディアズは交替)、勝負をかける奇策に出ましたが、
この時矢野監督の選択も
「浜地VS宮本」以外となると「湯浅投入しか方法が無かった」のだと思います。
(リリーフで力投派となった岩貞にも押し出しフラグがある)
【同点引き分けでもヤクルト勝ちぬけのこのゲームでは押し出しフラグは逆転と同じ】
※なので四球を選んだ宮本選手はホームラン打ったかのようなガッツポーズでした(ヤクルトベンチは満塁村上で半分もう勝ったと思っていた)

<話は戻って>
矢野監督はこのファイナルステージで佐藤輝を2戦で先発から外しますが、
岩崎起用を見送った件といい、
シーズン前から退任を発表していた矢野監督が「最後の最後に好きなように采配した」のだと思います(それほどまでにタイガースの監督が背負うプレッシャーは大きい《矢野監督の本音は、昨シーズンも外せるものならもっと早めに佐藤輝を2軍に落としたかったのではないか?》)
サッカー日本代表ポイチの「ポリバレント」に刺激を受けたのかわかりませんが、
流動的なポジション変更は矢野監督がどうしてもチャレンジしたかったテーマだったんだと思います。
(ネットにおいて「俺達の野球を見た」って皮肉で語られていますが、本当に矢野監督がやりたかったのはこの野球であり《これまで自由に采配できていなかったため》、ファイナルステージで初めて本気出したら選手が全くついてこられなかったというのが真相な気がします。)
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 14:57 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

想像以上に核戦争の緊迫感が上昇(未確認情報も繋げてみましょうか)

2022年10月13日

どれぐらい以前かわからないのですが、
1)米ペンタゴンがロシアに対する(あくまでも案ですが)先制核攻撃のプランを検討したという噂があります(この段階でそれが事実か否かは問題ではありません)。その情報はロシアの情報機関が確実にクレムリンに報告している。

2)米『民主党』系シンクタンクでは(そこはシンクタンクですから公開情報として)
「プーチンは核を使用する度胸は無く、単なるブラフに過ぎない」という内容が発表
(いやいや、ブラフに過ぎないってのはその理解を取り違えてますよね?「ロシアに対する核攻撃の噂を知っているぞ」を伝えるためでもあるでしょ、、、)

3)米国が盛んにゼレンスキーをけしかけて原発への攻撃を続けていた
(勿論ロシアのせいだと言うためですが、、これ間接的にロシアが核を使用したみたいなプロパガンダですよね)

【ここで最悪の噂】
4)米国が小型核兵器を持ち込み「ロシアがやった」とやらかすのではないかという話
(米国としては「ほらスゲーロシア悪い」って話につなげたいのだろうけど、ロシア的にはこれを口実にNATOによるロシアへの核攻撃の口実にするのではないかということにもなりますよね《受け取る側は》)

5)それを受けてなのか知らないが(先日記事でお伝えした)
ゼレンスキーの「NATOのオマエラがロシアに核攻撃しろや」の檄
(演説きいた全欧州がドン引き)

●この辺全体として、ロシアの反応が
「オマエラおかしなことすると核の使用を躊躇しないぞ」みたいなことになっており
この辺の理解を全然米国サイドがピントの外れたことをしており、
加えて大統領が認知症ですから(これもですね実際は仮に違っても各国そう思ってますから)、ロシアの危機感(というか疑心暗鬼)は相当なことになりますよね。

で、事の発端は米『民主党』サイドの(根拠も怪しい)
「プーチンは核を使用する度胸は無い」←ココになります
仮にプーチンがこの状況をシリアスに受け取ったら、
奴らにわからせるには、撃つしか無いと判断する場合があり得るだろうと。
(その場合選択肢は、ポーランドの米軍施設などとなるのではないか?《国務省ブレジンスキー派の前線基地:バイデンもそのポーランドでプーチン批判演説を行っている》)
その可能性は極めて低いと思いますが、
【冷戦時代よりはるかにヤバイのではないかと】
しかも戦場は欧州を舞台にってことになり(トンデモの発端は安全なとこにいる米国のトンチンカンな発想にあり)、
こんな話に巻き込まれたら大変なことになる←と欧州は思いますよね、


posted by kagewari/iwahara at 22:45 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする